ガソリンは車やバイクの燃料として、私たちの生活に欠かせないものです。その一方で大変揮発性が高く引火点が低いので、扱い方を間違えると、火災の原因にもなります。そのため、一定量以上のガソリンの取り扱いや保管には、危険物取扱者の資格が必要です。では、資格を取得するにはどうすればいいのでしょうか?
そこで、今回はガソリンの取り扱いや保管ができる、危険物取扱者について解説します。

  1. ガソリンの重要性と危険性について
  2. ガソリンを取り扱ったり保管したりする場所とは?
  3. 危険物取扱者について
  4. ガソリンの取り扱いに関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、資格を取得するメリットや方法もよく分かることでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


石油会社は、景気の波に影響を受けにくく好待遇であることから、安定して長く働くことを望む就職希望者から高い人気を誇ります。希望どおりの会社に就職を果たすためには、ライバルたちより有利な条件を備える必要があるでしょう。たとえば、実務に役立つ資格を取得することもひとつの方法です。しかし、どんな資格が有利になるのかなど、よくわからないことも多いでしょう。そこで、今回は、石油会社に就職するコツについて、必要な資格取得の内容も含めて詳しく解説します。

  1. 石油会社について
  2. 石油会社の就職について
  3. 石油会社へ就職するには
  4. 石油会社の就職と危険物取扱者
  5. 危険物取扱者の試験について
  6. 石油会社の就職でよくある質問

この記事を読むことで、石油会社への就職を実現するために必要な知識が身につき、有利に進めることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

続きを読む


タンクローリーとは、主に石油やガスといった液体や気体を運搬する特殊車両です。街中を走っているのを見たことがある、という人も多いでしょう。タンクローリーを運転することができれば、転職や就職に役立つと考えている人もいると思います。では、タンクローリーの運転手になるには、どのような資格が必要なのでしょうか?
そこで、今回はタンクローリーの運転手になるために必要な資格について解説します。

  1. タンクローリーの運転に必要な資格とは?
  2. 危険物取扱者の資格について
  3. タンクローリーや危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、資格の取得方法までよく分かることでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物取扱者は、消防法で指定された危険物の取り扱いや保安監督業務を行える国家資格です。学生から社会人まで幅広い世代に人気があり、就職や転職の武器にしようと取得を目指す人もいます。その一方で、「資格を取得したいけれど、勉強時間が確保できない」と悩んでいる人もいるでしょう。
そこで、今回は危険物取扱者の資格取得までに必要な勉強時間や資格取得方法、さらに勉強のコツなどを解説します。

  1. 危険物取扱者とはどのような資格?
  2. 危険物取扱者の職務について
  3. 危険物取扱者の資格取得方法
  4. 勉強時間の目安等について
  5. 危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、効率的な勉強方法もよく分かるでしょう。危険物取扱者の資格取得を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


ガソリンと軽油は、どちらも自動車の燃料として使われており、ガソリンスタンドで販売されています。では、ガソリンと軽油の違いは何か? と聞かれたらどうでしょうか? 即座に答えられる人は少ないと思います。危険物取扱者の資格試験を受ける場合、危険物それぞれの特徴を知っておかなければなりません。
そこで、今回はガソリンと軽油の違いについて解説します。

  1. ガソリンの特徴や性質とは?
  2. 軽油の特徴や性質とは?
  3. ガソリンと軽油の違いについて
  4. 危険物取扱者の資格取得方法
  5. ガソリン・軽油と危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、ガソリンと軽油の違いはバッチリです。危険物取扱者の資格取得を目指している人も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


第三石油類とは、危険物第4類に分類されている引火性液体の一種です。引火性液体には石油を原料とする物質が多いので、引火点によって第1~第4まで分類されています。危険物取扱者乙種4類を受験する方にとっては、覚えなければならないこともたくさんあることでしょう。
そこで、今回は第三石油類の種類や特徴等をご紹介します。

  1. 危険物第4類とは?
  2. 第三石油類の特徴などについて
  3. 危険物取扱者乙種4類の資格取得方法
  4. 第三石油類に対するよくある質問

この記事を読めば、試験対策にも役立つことでしょう。危険物取扱者乙種4類の取得目指して勉強をしている方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物とは、消防法によって取り扱い方や保管方法が規制されている物質の総称です。危険物に指定されるかどうかは、「危険物確認試験」という方法で、引火点の有無や爆発する危険性を確認し、判断されます。危険物確認試験を受けた結果、危険物に認定されなかった可燃物が、非危険物です。危険物取扱者の試験勉強をしていると、この言葉を目にする機会も多いでしょう。
そこで、今回は非危険物について解説します。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 非危険物とは何か
  3. 危険物取扱者の資格取得について
  4. 危険物・非危険物に対するよくある質問

この記事を読めば、危険物についての理解が深まること間違いなしです。危険物取扱者の資格取得を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


灯油や軽油などは非水溶性の第二石油類、酢酸やプロピオンなどは水溶性の第二石油類となります。第二石油類は常温では引火しませんが、乙種第4類危険物に該当するため、扱いや管理には十分に注意しなければなりません。扱い方や管理を誤れば、火災や爆発の危険があります。また、これらを扱うためには、関連資格の取得が必要です。本記事では、第二石油類の基礎知識や種類・関連する資格について説明します。

  1. 第二石油類の基礎知識
  2. 第二石油類の種類について
  3. 第二石油類に関連する資格について
  4. 第二石油類に関してよくある質問

この記事を読むことで、第二石油類について詳しく知ることができます。資格取得を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


危険物とは、消防法によって指定されている火災を起こしやすい物質の総称です。ガソリンや灯油など、私たちの生活に欠かせないものの中にも、危険物に指定されているものはたくさんあります。危険物は消防法によって取り扱いや保管の方法が定められており、それに反すると違反処理の対象になるのです。違反処理はマニュアル化されたものがネットにも掲載されていますが、分かりにくいという方もいるでしょう。
そこで、今回は危険物の違反処理について解説します。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物の違反処理とは何か?
  3. 危険物の違反処理の流れや種類
  4. 違反処理に対するよくある質問

この記事を読めば、違反処理の内容や違反処理を行うまでの流れもわかるでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物を取り扱う企業では、火災などの事故が怖いものです。特に、ガソリンなどの引火性液体は、取り扱いを間違えると大事故につながってしまいます。そのため、万が一のときの対策として、事業所内に自衛消防組織を編成しているのです。しかし、どんな活動をしているのか、よくわからない人もいることでしょう。そこで、今回は、自衛消防組織について詳しく解説します。

  1. 自衛消防組織とは自衛消防組織の概要を学ぼう
  2. 自衛消防組織の編成について
  3. 自衛消防組織の設置と届け出
  4. 自衛消防組織の講習について
  5. 自衛消防組織に関するよくある質問

この記事を読むことで、自衛消防組織について詳しい知識が身に付き、必要な資格取得に向けて準備を進めることができます。ぜひじっくり読んでみてください。

続きを読む


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?