危険物を取り扱う企業では、火災などの事故が怖いものです。特に、ガソリンなどの引火性液体は、取り扱いを間違えると大事故につながってしまいます。そのため、万が一のときの対策として、事業所内に自衛消防組織を編成しているのです。しかし、どんな活動をしているのか、よくわからない人もいることでしょう。そこで、今回は、自衛消防組織について詳しく解説します。

  1. 自衛消防組織とは自衛消防組織の概要を学ぼう
  2. 自衛消防組織の編成について
  3. 自衛消防組織の設置と届け出
  4. 自衛消防組織の講習について
  5. 自衛消防組織に関するよくある質問

この記事を読むことで、自衛消防組織について詳しい知識が身に付き、必要な資格取得に向けて準備を進めることができます。ぜひじっくり読んでみてください。

続きを読む


化学メーカーは、安定している企業が多いため、就職や転職で人気です。ですから、就職試験でライバルたちに勝つためには、資格を取得することをおすすめします。未経験者であっても資格を取得したことでやる気と基礎知識があることをアピールでき、企業からも即戦力として期待されるでしょう。今回は、化学メーカーに就職するときに取得を目指すべき資格について詳しく解説します。

  1. 化学メーカーとは
  2. 化学メーカーの転職・就職について
  3. 化学メーカーに必要な資格について
  4. 危険物乙4の資格取得について
  5. 化学メーカーの資格に関するよくある質問

この記事を読むことで、化学メーカーの就職に必要な資格について深く知ることができ、取得に向けて有意義な対策を採ることができます。本気で就職を目指すのなら必見です。ぜひじっくり記事を読んでみてください。

続きを読む


安全データシート(SDS)とは、人体にとって有害な成分が含まれている化学物質を販売する際、業者が提出する資料のことです。化学物質等の性状や取り扱いに関する情報が記載されており、法令によって統一した書式で作成して提出するように、定められています。リスクアセスメントを行うために不可欠な資料です。

今回は、安全データシートの作成が義務づけられている物質や、記載内容について解説しましょう。

  1. 安全データシートの基礎知識
  2. 安全データシートの活用方法
  3. 安全データシートに対するよくある質問

この記事を読めば、安全データシートの重要性もよく分かりますよ。安全管理を職務としている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物の取り扱いや貯蔵を行う場所は、必ず消火設備を整えておかなければなりません。危険物による火災や爆発が起きた際、消火設備が整っていれば被害を最小限に抑えることができます。消火設備をきちんと整えていなければ、その場で働く人たちの命を失う可能性もあるのです。基本的に、消火設備は取り扱う危険物の種類に合わせて整備する必要があります。きちんと消火設備を整えるためには、危険物施設に関する知識を持っておかなければなりません。そこで、本記事では、危険物施設や消火設備の基礎知識・危険物取扱者について説明します。

  1. 危険物施設について
  2. 消火設備について
  3. 危険物施設における消火設備について
  4. 危険物取扱者について
  5. 危険物施設や資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物施設の消火設備について知ることができます。危険物取扱者の資格取得を考えている方は、ぜひチェックしてください。

続きを読む


危険物取扱者とは、消防法で指定されている危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことのできる資格です。甲種・乙種・丙種の3種類があり、中でも乙種4類はガソリンや灯油といった私たちの身近にある危険物を取り扱うことができるため、人気があります。危険物取扱者の資格を取得するためには、試験を受けて合格する必要がありますが、取得している資格によっては、一部の科目が免除されるのです。

そこで、今回は危険物取扱者試験の科目免除について解説しましょう。

  1. 危険物取扱者の基礎知識
  2. 試験免除について
  3. 危険物取扱者合格のコツ
  4. 危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の資格を効率よく取得する方法も分かります。危険物取扱者の資格取得を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


警報設備とは、火災や危険物の流出が発生した時に危険を知らせ、避難を促すための設備です。指定数量の倍数が10以上の危険物を製造している設備などでは、設置が義務づけられています。また、警報設備と共に避難設備の設置も必要であり、これらは定期的な整備も必要です。

今回は、警報設備の設置基準や保守整備を行う方法などを紹介します。

  1. 警報設備の基礎知識
  2. 警報設備が必要な場所などについて
  3. 保守点検を行う資格について
  4. 警報設備に関するよくある質問

この記事を読めば、警報設備の大切さだけでなく取り扱える資格などもよく分かることでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


動植物油類とは、動植物から抽出した油の中で、1気圧の時の引火点が250度未満のものです。私たちが食用油として使っているものの中にも、動植物油類に分類されているものがあります。危険物では第4類に分類されており、指定数量以上を取り扱ったり貯蔵したりする場合は、危険物取扱者の資格が必要です。資格試験でも、動植物油類について出題されることもあるでしょう。

そこで、今回は動植物油脂類の特徴などについて解説します。

  1. 動植物油類とはどのような物質?
  2. 動植物油類の特徴や消化方法などについて
  3. 動植物油類を取り扱える資格について
  4. 動植物油脂類や危険物取扱者に対するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の資格を取得する方法なども分かることでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてください。

続きを読む


第1石油類とは、危険物第4類に分類されている引火性液体の一種です。文字どおり石油を原料としており、引火点が低く火災の危険性が高いという特徴があります。危険物取扱者乙種4類を取得するために受験勉強に励んでいる方の中には、石油類は種類も多く、特徴などを覚えるのに苦労している方もいることでしょう。

そこで、今回は第1石油類の特徴などを解説します。

  1. 石油類って何?
  2. 第1石油類の特徴について
  3. 第1石油類の取り扱い・貯蔵に関する資格について
  4. 第1石油類に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の試験勉強のコツも分かることでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物取扱者とは、消防法で指定されている危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことのできる資格です。甲種・乙種・丙種の3種類があり、甲種を取得すればすべての危険物の取り扱いと保安監督業務を行えます。受験資格があるため、乙種や丙種に比べると受験者数は少ないのですが、取得すれば就職や転職に大いに役立つことでしょう。

今回は、危険物取扱者の試験勉強で過去問を活用する方法について紹介します。

  1. 危険物取扱者甲種に関する基礎知識
  2. 危険物取扱者の試験日程や内容について
  3. 危険物取扱者甲種の試験勉強について
  4. 危険物取扱者甲種に対するよくある質問

この記事を読めば、試験に合格するコツなどもつかめることでしょう。危険物取扱者甲種の取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物取扱者とは、危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことのできる国家資格です。ガソリンスタンドで働く際に必要な資格、というイメージを持っている方も多いことでしょう。これ以外にも有資格者を必要としている職場は多く、転職や就職に有利な資格として、人気があります。取得すれば昇給ものぞめるでしょう。また、資格を活かして就職した場合の収入が気になる方も多いと思います。

そこで、危険物取扱者の年収について解説しましょう。

  1. 危険物取扱者の基礎知識
  2. 危険物取扱者の年収について
  3. 危険物取扱者の試験について
  4. 危険物取扱者に対するよくある質問

この記事を読めば、資格を取得すれば収入がどれだけ増加するかも分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?