甲種危険物取扱者は、危険物取扱者の中で最も上位の資格区分です。取得を目指してがんばっている人も多いことでしょう。その一方で、「甲種には興味があるが、取得するメリットがよく分からない」という人もいると思います。
そこで、今回は甲種危険物取扱者を取得するメリットや取得方法を解説しましょう。

  1. 甲種危険物取扱者の基礎知識
  2. 甲種危険物取扱者を取得するメリット
  3. 甲種危険物取扱者の資格取得方法
  4. 甲種危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、勉強のコツなどもよく分かります。甲種危険物取扱者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。
続きを読む


危険物とは、消防法で定められている火災の原因となる危険性が高い物質のことです。一定量以上の危険物を取り扱う場合、消防法によって貯蔵場所や取り扱い方が定められています。しかし、少量の危険物については定義が少なく貯蔵の仕方や取り扱い方法に悩んでいる人もいるでしょう。危険物は少量でも取り扱い方や貯蔵方法が適切でなければ、火災の危険があります。そのため、正しい取り扱い方法や貯蔵方法を知っておくことが大切です。

今回は定期点検の基準などを中心に取り扱い方や保管方法を紹介しましょう。

  1. 少量危険物の基礎知識
  2. 少量危険物の定期点検について
  3. 少量危険物の取り扱いや貯蔵に資格は必要?
  4. 少量危険物の定期点検に関するよくある質問

この記事を読めば、少量危険物の定義や保管する際の注意点もよく分かります。危険物の保管方法についてよく知りたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。
続きを読む


灯油は、私たちの身近にある危険物の一種です。ストーブや給湯器・自家発電機の燃料として使われているため、常備している家庭も多いでしょう。灯油は、専用のポリタンクに入れて保存しておくことが多いですが、置き場所によっては火災の危険が増します。また、灯油は危険物のため家庭で保管できる量には限度があるのです。
今回は、灯油の置き場所や保管する際の注意点、さらに個人で保管できる量などについて解説しましょう。

  1. 灯油の最適な置き場所は?
  2. 個人で保管できる灯油の量は?
  3. 事業所で灯油を保管しておく場合
  4. 灯油の置き場に関するよくある質問

この記事を読めば、灯油を安全に保管する方法や危険物としての取り扱い方も分かります。灯油を家や職場に常備しているという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物取扱者とは、消防法で定められた危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことができる資格です。「ガソリンスタンドなどで働く際に、必要な資格」というイメージを持っている人もいるでしょう。しかし、危険物取扱者の資格を活用して働ける場所は、ガソリンスタンド以外にもたくさんあります。一例をあげると製薬会社です。

今回は、製薬会社が危険物取扱者の有資格者を必要としている理由や、危険物取扱者の資格を活用して働く方法などを紹介します。

  1. 製薬会社と危険物について
  2. 危険物取扱者の資格区分について
  3. 危険物取扱者の資格取得方法
  4. 危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の資格区分や、資格試験に合格するための勉強方法のコツなどもよく分かるはずです。危険物取扱者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物取扱者とは、消防法で定められた危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことができる資格です。有資格者を必要としている職場は多いので、資格取得を目指している人はたくさんいます。その一方で、「危険物取扱者の資格に興味があるが、資格を活かせる仕事がよく分からない」と思っている人もいるでしょう。
そこで、今回は危険物取扱者の資格を活かせる仕事や、資格取得の方法を紹介します。

  1. 危険物取扱者の有資格者にできることとは?
  2. 危険物取扱者の資格を活かせる職場とは?
  3. 危険物取扱者の資格取得方法
  4. 危険物取扱者を活かせる仕事に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の資格を取得するメリットもよく分かるはずです。危険物取扱者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物取扱者とは、危険物の取り扱いや保安監督業務を行える国家資格です。取得すれば就職・転職に有利なため、学生から社会人まで人気があります。スキルアップのため、資格取得を考えている人もいるでしょう。また、危険物取扱者の資格を取得したので、それを活用して就職・転職活動をしたいという人もいると思います。
そこで、今回は履歴書の書き方を中心に危険物取扱者について説明しましょう。

  1. 危険物取扱者の基礎知識
  2. 危険物取扱者の種類
  3. 危険物取扱者の履歴書への書き方
  4. 危険物取扱者の資格取得方法
  5. 危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者を取得するメリットや受験資格などもよく分かります。危険物取扱者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


特定化学物質とは、労働安全衛生法によって定められた労働者に健康障害を発生させる可能性が高い化学物質の総称です。特定化学物質に定められた物質を扱ったり製造したりするためには、さまざまな規則が定められています。
今回は特定化学物質の概要や、取り扱うための決まりや必要な資格などを解説しましょう。

  1. 特定化学物質の基礎知識
  2. 特定化学物質を扱うために必要な決まりや資格
  3. 特定化学物質に関するよくある質問

この記事を読めば、特定化学物質に関する規則や取り扱うための資格取得の方法がよく分かります。特定化学物質を取り扱う職場で働いている人や、転職を考えている人はぜひ読んでみてください。

続きを読む


危険物取扱者の資格を活用して仕事をする場合、定期的に危険物保安講習を受講する必要があります。定期的といっても間隔が年単位のため、仕事をしているうちに忘れてしまいがちです。では、保安講習の受講をうっかり忘れてしまったら、どうなるのでしょうか?

今回は、危険物保安講習についていろいろと解説します。

  1. 危険物保安講習の基礎知識
  2. 危険物保安講習の概要
  3. 危険物保安講習に関するよくある質問
  4. おわりに

この記事を読めば、危険物保安講習の受講対象者や受講頻度などがよく分かることでしょう。危険物取扱者の資格を活用して仕事をしている人や、資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物の取り扱いができる国家資格「危険物取扱者」の種類には、甲種・乙種・丙種(へいしゅ)の3種類があります。この中でも最も難易度が高く、幅広い職場で有利となるのが甲種です。甲種危険物取扱者は、すべての危険物の取り扱いと保管ができます。乙種と丙種は取り扱いができる危険物が限られているため、働く現場も限られているのです。つまり、甲種を取得すれば、就職・転職に有利な状況となるでしょう。しかし、危険物取扱者甲種の就職傾向や就職先はどのようになっているのか気になるはずです。そこで、本記事では、危険物取扱者甲種の就職を解説します。

  1. 危険物取扱者甲種の就職傾向は?
  2. 危険物取扱者甲種の就職先は?
  3. 危険物取扱者甲種の資格の取得方法
  4. 危険物取扱者甲種の勉強法は?
  5. 危険物取扱者甲種に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物取扱者甲種の就職傾向と資格の取得方法が分かります。取得を考えている方は、ぜひチェックしてください。

続きを読む


危険物取扱者は、危険物の取り扱いと保管・管理ができる唯一の国家資格です。危険物取扱者の資格を取得するために、勉強のポイントを知ることも大切ですが、違反点数について把握しておかなければなりません。危険物取扱者が違反行為をしたときは、その行為に合わせて違反点数が加算されていきます。違反点数がある数を超えると、危険物取扱者免状を返納しなければなりません。そのような事態にならないためにも、知識を身につけることが大切です。本記事では、危険物取扱者の違反点数について説明します。

  1. 危険物取扱者の違反とはどんなことか
  2. 危険物取扱者の違反点数はどんな場合につくか
  3. 危険物取扱者の試験について
  4. 危険物取扱者の違反と試験に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物取扱者の違反点数と試験内容が分かります。受験を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?