「就職や転職・昇給などに役立つよう、何か資格を取得したい」と思っている人に人気資格の1つが、危険物取扱者乙種4類(通称、危険物乙4)です。しかし、「独学で勉強したが不合格になった」「勉強不足で出題範囲の勉強が試験日までに終わらなかった」というケースも珍しくありません。特に、仕事をしながら試験に挑戦する場合は、勉強時間の確保と効率的な勉強方法が必要です。

そこで今回は、危険物乙4の合格に必要な知識が身につく勉強方法を紹介しましょう。

  1. 危険物乙4の試験内容や難易度
  2. 危険物乙4の勉強方法
  3. 危険物乙4に関するよくある質問

この記事を読めば、短期間で効率よく勉強するコツも分かります。危険物乙4の取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


「資格を取得して、昇給・昇進・転職に役立てたい」と考えている人は多いことでしょう。社会人にも人気がある資格に、危険物取扱者があります。しかし、危険物取扱者の資格を活用できる職業がよく分からず、転職活動に悩んでいるケースも珍しくありません。

そこで今回は、危険物取扱者の資格を活用できる職業について解説します。

  1. 危険物取扱者を取得するとできる仕事
  2. 危険物取扱者の資格が活用できる職業
  3. 危険物取扱者の資格取得方法
  4. 危険物取扱者の職業に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の資格取得方法もよく分かるでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物は、基本的に1か所の貯蔵所に同じ類のものを保管する決まりになっています。しかし、条件つきでほかの類の危険物と組み合わせて保管することが可能です。危険物取扱者の試験でも、貯蔵の条件に関する問題が出ることもあります。

そこで今回は、危険物を保管する際の条件や一緒に保管ができる類を異にする危険物について解説しましょう。

  1. 危険物の保管(貯蔵)に関する基礎知識
  2. 類の異なる危険物を同じ場所に保管する際の組み合わせや条件
  3. 危険物の保管の組み合わせに関するよくある質問

この記事を読めば、危険物の保管に関する決まりがよく分かります。危険物取扱者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてください。

続きを読む


危険物取扱者乙種は、1~6類まで6つの資格区分があります。「できるだけ仕事の幅を広げたいので、複数の資格区分を同時受験したい」と考える人も多いことでしょう。乙種の場合、1つの資格区分に合格すると試験科目が免除になるので、同時受験が可能になります。

今回は、危険物取扱者試験の同時受験の方法やメリットなどを紹介しましょう。

  1. 危険物取扱者の同時受験は可能?
  2. 危険物取扱者の同時受験を行う方法
  3. 勉強方法のコツ
  4. 危険物取扱者の同時受験に関するよくある質問

この記事を読めば、同時受験をする際の注意点や勉強のコツなども分かります。危険物取扱者乙種を複数取得したいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。
続きを読む


危険物は火災や爆発事故を防ぐために、消防法の構造基準を満たした危険物施設に保管することが定められています。また、危険物施設は定期的に自主点検が義務づけられていますが「点検をする施設の基準がよく分からないので、詳しく知りたい」と思っている人もいるでしょう。また、点検結果は一定期間保管することも義務づけられています。
今回は、危険物施設の自主点検のやり方などについて解説しましょう。

  1. 危険物施設とは何か
  2. 危険物施設の定期点検について
  3. 危険物施設の自主点検について
  4. 危険物施設の点検に関するよくある質問

この記事を読めば、自主点検だけでなく日常点検の方法もよく分かります。危険物取扱者の資格取得を目指している人も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


「危険物を保管するために、屋内貯蔵所を設けたいが基準について知りたい」と思っている人はいませんか? 屋内で危険物を取り扱ったり貯蔵したりしたい場合は、消防法の基準に従った建物を作る必要があります。また、中に保管する危険物にも一定の決まりがあるのです。さらに、危険物取扱者の資格試験に屋内貯蔵所に関する問題が出る可能性もあります。
そこで今回は、危険物の屋内貯蔵所の基準について解説しましょう。

  1. 危険物屋内貯蔵所とは何か?
  2. 危険物屋内貯蔵所の構造基準
  3. 危険物屋内貯蔵所の設備基準について
  4. 危険物屋内貯蔵所に関するよくある質問

この記事を読めば、屋内貯蔵所に保管してある危険物を管理できる資格などについてもよく分かります。危険物取扱者の資格取得を目指している人も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


甲種危険物取扱者は、危険物取扱者の中で最も上位の資格区分です。取得を目指してがんばっている人も多いことでしょう。その一方で、「甲種には興味があるが、取得するメリットがよく分からない」という人もいると思います。
そこで、今回は甲種危険物取扱者を取得するメリットや取得方法を解説しましょう。

  1. 甲種危険物取扱者の基礎知識
  2. 甲種危険物取扱者を取得するメリット
  3. 甲種危険物取扱者の資格取得方法
  4. 甲種危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、勉強のコツなどもよく分かります。甲種危険物取扱者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。
続きを読む


危険物とは、消防法で定められている火災の原因となる危険性が高い物質のことです。一定量以上の危険物を取り扱う場合、消防法によって貯蔵場所や取り扱い方が定められています。しかし、少量の危険物については定義が少なく貯蔵の仕方や取り扱い方法に悩んでいる人もいるでしょう。危険物は少量でも取り扱い方や貯蔵方法が適切でなければ、火災の危険があります。そのため、正しい取り扱い方法や貯蔵方法を知っておくことが大切です。

今回は定期点検の基準などを中心に取り扱い方や保管方法を紹介しましょう。

  1. 少量危険物の基礎知識
  2. 少量危険物の定期点検について
  3. 少量危険物の取り扱いや貯蔵に資格は必要?
  4. 少量危険物の定期点検に関するよくある質問

この記事を読めば、少量危険物の定義や保管する際の注意点もよく分かります。危険物の保管方法についてよく知りたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。
続きを読む


灯油は、私たちの身近にある危険物の一種です。ストーブや給湯器・自家発電機の燃料として使われているため、常備している家庭も多いでしょう。灯油は、専用のポリタンクに入れて保存しておくことが多いですが、置き場所によっては火災の危険が増します。また、灯油は危険物のため家庭で保管できる量には限度があるのです。
今回は、灯油の置き場所や保管する際の注意点、さらに個人で保管できる量などについて解説しましょう。

  1. 灯油の最適な置き場所は?
  2. 個人で保管できる灯油の量は?
  3. 事業所で灯油を保管しておく場合
  4. 灯油の置き場に関するよくある質問

この記事を読めば、灯油を安全に保管する方法や危険物としての取り扱い方も分かります。灯油を家や職場に常備しているという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物取扱者とは、消防法で定められた危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことができる資格です。「ガソリンスタンドなどで働く際に、必要な資格」というイメージを持っている人もいるでしょう。しかし、危険物取扱者の資格を活用して働ける場所は、ガソリンスタンド以外にもたくさんあります。一例をあげると製薬会社です。

今回は、製薬会社が危険物取扱者の有資格者を必要としている理由や、危険物取扱者の資格を活用して働く方法などを紹介します。

  1. 製薬会社と危険物について
  2. 危険物取扱者の資格区分について
  3. 危険物取扱者の資格取得方法
  4. 危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の資格区分や、資格試験に合格するための勉強方法のコツなどもよく分かるはずです。危険物取扱者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?