自治体では回収してもらえない? 古くなった消火器の処分の仕方とは?

火災の初期消火に活躍する消火器。
一定の広さがある建物には設置義務がありますし、一般家庭でもいざという時のために設置しているというお宅もあるでしょう。
でも、この消火器が不要になった場合はどう処分したらよいのでしょうか?
今回はそれをご紹介しましょう。
不要になった消火器の処分に困っている、という方はぜひ読んでみてくださいね。

古い消火器は危険?

消火器の使用期限は10年です。
たとえ使っていなくても、製造年月日より10年を超えた消火器は交換をしたり、耐圧性能点検をうけてみましょう。
パッと見はまだまだ使えるように見えるかもしれませんが、中身は劣化しているかもしれません。
古い消火器が破裂した、という事故も年に何件かおこっています。
また、たとえ10年を経過していなくても、さびや亀裂がある消火器は廃棄しましょう。
海に近い場所で屋外に消火器を置いてある場合は特に注意をしてください。
潮風が原因で消火器がさびやすいのです。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?