特定化学物質の作業環境測定とはどのようなもの?

労働者が安全に働くことができるように欠かせないことが、特定化学物質の作業環境測定です。
特定科学物質は労働安全衛生法で定められており、労働者に対して悪影響・健康状態を阻害させる物質と認定されています。
特定化学物質の作業鑑定測定とはどのような内容となっているのか、詳しく説明していきましょう。

安全を確保するために必要な作業

特定化学物質を扱う工場や作業場、仕事場、研究室などなど少しでも取り扱う場所では必ず「作業環境測定」をおこなわなければなりません。
作業環境測定は安全にそこで作業をするかどうか、空気測定などをおこない、調査することです。
化学物質が空気中にどのくらい漂っているのか測定することになるでしょう。
労働安全衛生法の第2条によると、作業環境測定は、「作業環境の実態を把握するため空気環境その他の作業環境について行うデザイン、サンプリングおよび分析」と記載されています。
そして、第65条をみてみると「事業者は、有害な業務を行う屋内作業場その他の作業場で、法令で定めるものについて、厚生労働省令で定めるところにより、必要な作業環境測定を行い、及びその結果を記録しておかなければならない」となっています。
このように、特定化学物質の取り扱いには十分に気をつけていかなければならないのです。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?