危険物取扱者乙種4類の難易度はどのくらい?

「就職や転職のためには資格を取っておいたほうが有利」とよく言われますが、その中でも特に人気が高いのが危険物取扱者乙種4類、通称乙4です。
難易度もそれほど高くなく取得しやすい資格と言われていますが、実際の難易度どのくらいなのでしょうか?
そこで今回は危険物取扱者乙種の難易度や勉強の仕方のコツなどをご紹介しましょう。
危険物取扱者の資格取得を目指す方だけでなく、何か資格を取って就職や転職を有利にしたいという方もぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物取扱者乙種4類の資格保持者ができること

必要とされる職場は多い

危険物取扱者とは、消防法で定められた危険物の取り扱いや定期点検、保安の監督ができる国家資格です。
また、危険物取扱者が立ち会えば無資格者でも危険物を取り扱うことができます。
私たちの身近には危険物が意外と多く、危険物取扱者を取得している人を必要とする職場も少なくありません。
具体例を挙げると、化学工場・ガソリンスタンド・石油プラント・タンクローリーの運転手などですね。

危険物取扱者乙種とは?

危険物取扱者には甲種・乙種・丙種の3種類があります。
丙種はできることがとても限られているので、多くの方が甲種や乙種の資格取得を目指します。
甲種に合格すれば消防法に定められているすべての危険物を取り扱ったり保安の監督をしたりすることができますが、甲種をし受験するためには大学で化学に関する学科の単位を取得しなくてはならない、などの条件があります。
一方乙種は危険物の分類とおなじ1~6類までの資格があり、合格した類の危険物を取り扱ったり、保安の監督をしたりできます。
こちらのほうは受験資格は特に必要ありませんので、受験者が最も多いのですね。

なぜ乙種4類が人気なのか

危険物乙種といえば4類の代名詞になっておるほど、乙種4類を受験する方は多いです。
これは、乙種4類で取り扱える危険物がガソリンや灯油、軽油など私たちに一番なじみのあるものだからです。
また、ガソリンや灯油、軽油を扱っている場所といえばガソリンスタンド。
ガソリンスタンドを経営したり、セルフサービスのガソリンスタンドの監督者になるためには乙種4類の資格が不可欠なのです。
また、この資格を持っていればタンクローリーを運転することもできますし、石油プラントなどでも働くことができるのですね。
つまり、一番転職の幅が広がる資格なのです。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?