危険物取扱者乙種4類の難易度はどのくらい?


「就職や転職のためには資格を取っておいたほうが有利」とよく言われますが、その中でも特に人気が高いのが危険物取扱者乙種4類、通称乙4です。
難易度もそれほど高くなく取得しやすい資格と言われていますが、実際の難易度どのくらいなのでしょうか?
そこで今回は危険物取扱者乙種の難易度や勉強の仕方のコツなどをご紹介しましょう。
危険物取扱者の資格取得を目指す方だけでなく、何か資格を取って就職や転職を有利にしたいという方もぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物取扱者乙種4類の資格保持者ができること

必要とされる職場は多い

危険物取扱者とは、消防法で定められた危険物の取り扱いや定期点検、保安の監督ができる国家資格です。
また、危険物取扱者が立ち会えば無資格者でも危険物を取り扱うことができます。
私たちの身近には危険物が意外と多く、危険物取扱者を取得している人を必要とする職場も少なくありません。
具体例を挙げると、化学工場・ガソリンスタンド・石油プラント・タンクローリーの運転手などですね。

危険物取扱者乙種とは?

危険物取扱者には甲種・乙種・丙種の3種類があります。
丙種はできることがとても限られているので、多くの方が甲種や乙種の資格取得を目指します。
甲種に合格すれば消防法に定められているすべての危険物を取り扱ったり保安の監督をしたりすることができますが、甲種をし受験するためには大学で化学に関する学科の単位を取得しなくてはならない、などの条件があります。
一方乙種は危険物の分類とおなじ1~6類までの資格があり、合格した類の危険物を取り扱ったり、保安の監督をしたりできます。
こちらのほうは受験資格は特に必要ありませんので、受験者が最も多いのですね。

なぜ乙種4類が人気なのか

危険物乙種といえば4類の代名詞になっておるほど、乙種4類を受験する方は多いです。
これは、乙種4類で取り扱える危険物がガソリンや灯油、軽油など私たちに一番なじみのあるものだからです。
また、ガソリンや灯油、軽油を扱っている場所といえばガソリンスタンド。
ガソリンスタンドを経営したり、セルフサービスのガソリンスタンドの監督者になるためには乙種4類の資格が不可欠なのです。
また、この資格を持っていればタンクローリーを運転することもできますし、石油プラントなどでも働くことができるのですね。
つまり、一番転職の幅が広がる資格なのです。

2.乙種を受験したいあなたへ

まずは4類を取得してみよう

危険物取扱者は、1類~6類まであり、どれを受験するかは自由です。
職場で取り扱っている危険物の類を受験するという方が多いようです。
もしあなたが将来のために危険物取扱者の資格を取りたいけれど、どの類を受験していいかわからないという方は4類を受験してみましょう。
ガソリンや灯油、軽油を全く知らないという方は少ないですし、身近にあるものの方がイメージがわきやすく覚えやすいということもあります。
また、乙4類は受験者が多い分参考書なども良いものが多く勉強しやすい、という点もあります。

難易度はどのくらい?

危険物取扱者の合格率は平均して40%前後、国家資格の中では比較的取りやすい資格です。
難易度は中くらいといったところでしょうか。ちなみに乙種全ての類を合格した最年少は7歳。こう聞くととても簡単な資格のように思えますが、勉強しないで合格できるほど甘くありません。

乙4類だけ合格率が低いのはどうして?

危険物取扱者の試験は問題の60%以上の正解で合格になります。
合格者の人数は決まっていないので、足切り点などはありません。
乙種4類の合格率が若干他の類より低いのは、受験者数が多いせいです。
受験者数が多ければ全体の人数分の合格者は少なくなるので合格率が下がるというわけです。
乙種4類の試験だけ特別難しいということではありません。

3.危険物取扱者乙種4類に合格するための勉強法

試験内容はどんなもの?

危険物取扱者乙種の試験内容は

  • 危険物に関する法令
  • 基礎的な物理学及び基礎的な化学
  • 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

の3つです。
この3つのうちどれかひとつでも正解率が60%未満だと不合格になりますので注意しましょう。
試験の方法は5つの選択肢の中から正解を選ぶマークシート方式で試験時間は2時間です。
この3つのうち最後の危険物の性質などが類によって問題が異なります。
試験日は前期(4月~9月)と後期(10月~翌年3月)にわかれており、どちらも受験内容は同じです。
前期に落ちたので後期に再チャレンジ、ということも可能です。
合格者は後日一般財団法人消防試験研究センターのHPで発表され、結果が合否を問わず郵送されます。
合格発表当日はHPにアクセスが集中し、繋がりにくくなりますので注意をしましょう。

どうやって勉強したらいいの?

危険物取扱者乙種の試験勉強の方法はとにかく暗記です。
法令や化学、物理の知識、危険物の性質などをすべて覚え込めば合格間違いなしでしょう。
前述した7歳の子供が合格できたというからくりはここにあります。
たとえ内容が理解できなくても、とにかく暗記さえしてしまえば問題は解けるのですね。
しかし「その暗記が難しい」という人はたくさんいるでしょう。
特に科学や物理の知識や法令は日常では聞きなれない単語のオンパレードです。
ですから、ごろ合わせや繰り返しの音読など自分で最も覚え安い方法で暗記をするのが必勝法なのです。

目で見て、耳で聞いて、口に出して覚える

物事を暗記する方法は人によって異なります。
目で見たほうが覚えやすいという人、耳で聞いたほうが覚えやすいという人、口に出して行ったほうが覚えやすいという人、様々ですね。
そこで大切になるのが参考書選びです。危険物取扱者の参考書はたくさんの種類が出ています。
昔ながらのブック式もあれば、DVD式のものもあり、最新式のものはスマートフォンやタブレットでも視聴が可能です。
その中で自分が一番勉強しやすいものを選んでください。
働きながら勉強をする人は勉強時間の確保も大切ですね。通勤時間や職場の昼休みなども有効に使いましょう。
その時に自分で覚え安い方法で法令や知識を徹底的に暗記してください。
参考書を選び間違えなければすんなりと頭の中にはいってくるはずですよ。

過去問を繰り返しとく

本当に自分が必要な知識を暗記したのか確かめる最も有効な方法は過去問を解くことです。
危険物取扱者の試験は、過去問が形を変えて出されることも多く過去問を解くことはとても有効な勉強方法なのです。
最初は時間がかかっても構いませんが、試験日1か月前になったら、できるだけ試験時間と同じ時間で解けるように時間配分を工夫しましょう。
その時に間違ったところを再度覚えなおせば効率的ですね。
必要な知識をすべて覚えた、と思ったら、過去問を解く→間違えた所を覚えなおすという作業を繰り返しましょう。これで合格間違いなしです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は危険物取扱者乙種の難易度や勉強方法についてご紹介させていただきました。
まとめると

  • 乙種の中でも4類は人気が高く受験者も多い。
  • 合格率は平均して40%前後、難易度は普通。
  • 勉強はほぼ暗記が中心。
  • 自分に合った参考書を見つけることが合格の秘訣。
  • 過去問を繰り返しとく。

ということです。
また、最近はインターネットで受験者同士が交流をしたり、合格者が自分の勉強法を公開しているサイトもあります。
それらを利用したり、参考にするのも合格への足掛かりになるでしょう。
楽して合格する方法はありません。地道に粘り強く勉強をして合格を勝ち取ってください。


危険物取扱者試験を最短合格
乙4は最短3日間、甲種は最短10日間で合格!

SATの教材を使えば驚くほど短い学習時間で危険物取扱者試験に合格できます。別に学習内容が辛く厳しいわけではありません。毎日30分、講義動画を見るだけ。これなら「学習時間の確保が難しい・・・」「勉強は苦手で・・・」などの悩みをお持ちでも大丈夫ですね。

SATの教材を使い短期間で一発合格された受講生の声をご覧ください。受講生の皆さんが楽々試験をパスされていることが分かります。危険物取扱者の資格取得するために苦労して勉強する必要はありません。あなたもSATの教材を使って楽々試験をパスしませんか?

SAT危険物取扱者 合格の秘訣はこちら

業界初!安心のトリプル保証付き
1.全額返金保証
2.合格するまで教材無料
3.長期破損保障
※詳しくは『トリプル保証とは』のページをご覧ください。

主任講師:佐藤 毅史
大手予備校時代には平均合格率16~17%の宅建資格に対して、担当クラスの合格率を78%まで上昇させた実績をもつ超敏腕講師!危険物取扱者試験にもそのノウハウを惜しげもなく投与。
続きはこちら