憧れの危険物保安監督者になろう!そのために必要な資格と業務

タンク

危険物保安監督者とは危険物を取り扱う会社などで安全を監督するために選任される人で、市町村に必ず届けなくてはならない決まりがあります。
初めて聞く人も多いと思いますが、危険物を扱う作業の安全を確保するためにとても重要な役割があり、厳しい条件をクリアしていなくては就けない仕事のため、危険物を知り尽くしてと言っても過言ではありません。
危険物保安監督者になるためには、危険物取扱者という国家資格を取得する必要があり、これはすぐに実践力になり高収入に繋がることで人気がある資格です。
最近は、工業高校や大学でも将来的に危険監督保安者になれるように、危険物取扱者の資格を取るように指導するところもあり、在学中に受験する人も多いようです。
それでは危険物保安監督者とは具体的にどのような人たちなのか、仕事内容や必要な資格を詳しくご紹介します。

1. 危険物保安監督者の業務とは

①危険物を取り扱う業務の指導、監督

  • 危険物を取り扱う際には、作業員の小さなミスが大きな事故に繋がる場合があるので、作業の工程や方法が正しく行われているのかチェックし指導する。
  • 施設内の維持管理の責任を負い、定期点検を指示し記録を付けさせる。場合によっては危険物保安監督者自ら記録を付ける事がある。
  • 施設内の異常を知らせるための装置が異常時にきちんと作動するように管理する。

②異常があった場合に対応する

  • 敷地内で火災や異臭などの異常が起こった場合に、速やかに対処し可能な場合は拡大を防ぐように努める。
  • 異常が起きた場合に消防に連絡し、必要があると判断した場合は速やかに避難を指示する。

③近くの施設との連絡

  • 災害時や異常が生じた際にすぐに連絡が取れるように、隣接する危険物を扱うような施設と連絡が取れるようにする。
  • 消防と公共機関と連絡が取れるようにする。

実際に危険物を取り扱うのは当然資格を持った人ばかりではないため、危険物保安監督者の指導が不可欠になってきます。
万が一異常が生じた場合には速やかに対処し、被害を最小限に抑えると共に作業員の安全も確保する必要があります。
消防や近隣の施設と連絡をきちんと取れる状態にしておくことで、どこかほかの施設で災害が起こった場合でも被害が及ぶ前に施設内の安全を確保することができるのです。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?