危険物取扱者の免状は更新が必要? 条件や注意点を紹介!

危険物取扱者の資格は取得して終わり、というわけではありません。一定期間ごとに更新する必要がありますし、危険物を取り扱う仕事に就いている場合は講習義務もあります。

そこで今回は、危険物取扱者の免許更新の頻度や方法などをご紹介します。うっかり更新を忘れたり、講習を受け忘れてしまった場合の対処法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。危険物取扱者の資格を持っているという方や、これから資格を取得したい、という方は必読です。

  1. 危険物取扱者の免状について
  2. 危険物取扱者の免許の更新が必要な理由とは?
  3. 危険物取扱者保安講習の受講義務について
  4. 危険物取扱者の資格を取ったら注意しておきたいこと

1.危険物取扱者の免状について

危険物取扱者の免状は、運転免許証とよく似た形のカード型をしており、顔写真も添付するようになっています。取得している危険物取扱者の種類に、交付年月日と交付番号が入っており、発行者は都道府県知事です。資格を活用して仕事をする場合は、免状の提示を求められたとき、すぐに提示する義務があります。そのため、職場に免状をおいておく方が多いでしょう。また、移動タンク貯蔵所(タンクローリー)で危険物を運搬している時は、必ず免許を携帯しておかねばなりません。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?