危険物取扱者の合格率は? 難易度とイコールにならない理由

国家資格の中でも人気の高い「危険物取扱者」。甲乙丙の3種類があり、乙はさらに6つの類に別れています。では、これら危険物取扱者の合格率はどのくらいなのでしょうか?

危険物の合格率は種類によってかなりばらつきがありますが、決して難易度とイコールではありません。危険物取扱者の資格を取りたいという方や、危険物取扱者に合格するための効率の良い勉強法を探しているという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 危険物取扱者について
  2. 危険物取扱者の合格率は?
  3. 危険物取扱者の勉強の仕方は?
  4. SATの教材を試してみよう

1.危険物取扱者について

危険物取扱者とは、消防法で指定されている危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことのできる資格です。危険物にはそれぞれ指定数量が定められており、それを超える危険物を取り扱ったり貯蔵していたりしている場所では、危険物取扱者の選任が必要になります。

次の項で詳しく説明しますが、危険物取扱者には甲種・乙種・丙種の3種類があり、乙種・丙種は受験資格が定められておらず、誰でも受験が可能です。また、ガソリンスタンドをはじめとして危険物取扱者を求めている職場はたくさんあります。正社員なら資格手当がつきますし、アルバイトやパートの場合は時給が十円~百円単位でアップするところもあるでしょう。試験回数も多いので、手軽にチャレンジできて役立つ資格ですので学生から社会人にまで人気が高く、毎年大勢の方が資格取得にチャレンジしています。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?