危険物取扱者の資格を持っているとこんな仕事ができる!

タンクローリー

就職や転職に有利ということで、人気の高い国家資格「危険物取扱者」。
特に乙種4類、通称乙4は危険物取扱者の代名詞になるくらい、受験者が多いことで知られています。
では、危険物取扱者の資格を取るとどのような職場で働けるのでしょうか?
また、どのような仕事をすることができるのでしょうか
そこで今回は危険物取扱者の資格が役に立つ職場をご紹介しましょう。
危険物取扱者が必要とされる場所というのはガソリンスタンドというイメージが強いのですが、それだけではないのです。
危険物取扱者の取得を考えているという方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 危険物取扱者ができることとは?
  2. 危険物取扱者を必要としている職場とは?
  3. 万が一事故が起きてしまったら?
  4. 危険物取扱者の資格を取得するには?

1 危険物取扱者ができることとは?

この項では、危険物取扱者の資格保持者が行えることをご紹介していきます。
危険物取扱者の資格保持者がいなければ、こんなこともできなくなってしまいます。

危険物を取り扱うことができる

危険物取扱者は文字通り危険物を取り扱うことのできる資格です。
甲種を持っていればすべての危険物を取り扱うことができます。
乙種は資格を取得した類の危険物を取り扱うことができます。
この「取り扱い」というのは、無資格者が危険物を取り扱うのを監督することも含まれています。
たとえばセルフ式のガソリンスタンドでは車の持ち主が給油していますね。
これは無資格者による危険物の取り扱いになります。
ですから、セルフ式のガソリンスタンドには、必ず危険物取扱者が常駐している必要があるのです。

危険物の保安点検をすることができる

危険物を取り扱っている場所では、危険物が一定の数量、保管されていることが多いです。
保管庫は当然厳重に管理されていますが、定期的に点検をする必要があります。
危険物取扱者はそんな保管庫の保安点検をすることが可能です。
また、危険物の保管庫には、専用の保安作業員がついている場合もあります。
この保安作業員は無資格者でもなることができますが、それを監督する立場になる場合は、危険物取扱者の資格が必要なのです。

タンクローリーなどを運転できる

ガソリンや軽油など危険物を移動輸送するのにつかわれるのがタンクローリーです。
これは危険物取扱者が同乗していなければ動かすことができません。
しかし、タンクローリーは二人乗りですから、運転手と危険物取扱者をのせると効率が悪いでしょう。
つまり、危険物取扱者が運転をする必要があるのです。
ですから、タンクローリーの運転手は危険物取扱者を取得している方がほとんどなのです。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?