甲種防火管理者っていったい何? なるために必要な資格とは?

一定数の延べ床面積をもつ建物や、不特定多数の人が出入りする建物は防火管理者を選任しなくてはなりません。
では、その防火管理者になるためにはどうしたらよいのでしょうか?
また、防火管理者には甲種と乙種があるそうですがその違いは何でしょう?
そこで今回は防火管理者になる方法や必要な資格・条件などをご紹介しましょう。
職場で防火管理者を選任しなければならないけれど、どうしたらいいの?という方や防火管理者になりたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

1. 防火管理者とは

防火管理者とは、いったいどのような任務があり、選任されるのにはどのような立場の人なのでしょうか。
この項では防火管理者の任務や選任されるための条件、さらに防火管理者になるための方法などをご紹介します。

防火管理者とは?

防火管理者とは消防法で

消防法に基づいて、防火に関する講習会の課程を修了した者等一定の資格を有し、かつ、その防火対象物において防火上必要な業務を適切に遂行できる地位にある者で、防火対象物の管理権原者から選任されて、その防火対象物の防火上の管理を行なう者

と定められている資格者のことで、一定以上の面積を持つ建物や人の出入りがある場所に勤めている人の中から必ず選任しなくてはなりません。

防火管理者になれる立場の人とは?

防火管理者は、務めてさえいればアルバイトやパートでもよい、というわけではなく防火業務を適切に行うための管理的、監督的立場な人でなくてはならないのです。つまり、建物の管理者や、従業員の監督者のような立場の人が選任されなければならないのですね。

防火管理者になるためには?

防火管理者になるためには、都道府県知事や消防本部及び消防署を置く市町村の消防長・総務大臣登録講習機関(日本防火・防災協会)が主催する防火管理講習を受ける必要があります。
修了資格は全国共通ですのでどこの件で受けても大丈夫です。
防火管理者には乙種と甲種があり、甲種はすべての建物を管理できますが、乙種は管理できる建物の制限があります。
また、甲種の講習を受けた後、さらに防災管理講習を受ければ「防火防災管理者」の資格を持つことができます。
なお、この防災管理者という資格は、甲種の講習を受けなくても講習を受けて修了資格を取ることができますが、防火管理者の講習を受けない限り防災管理者とは有効にできません。
さらに、以下のような資格や学歴を持つ人は講習を受けなくても防火管理者に選任されることができます。

  • 大学・短期大学又は高等専門学校において総務大臣の指定する防災に関する学科又は課程を修めて卒業した者で、1年以上防火管理の実務経験がある人・消防職員であり、1年以上管理または監督の職務についていた人
  • 安全管理者・危険物保安監督者として選任された者で、甲種危険物取扱者の資格を持っている人
  • 警察官もしくは警察職員で3年以上管理や監督の職務についていた人
  • 建築主もしくは一級建築士で年以上防火管理の実務経験がある人

などです。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?