危険物乙4の勉強法は? 合格するために押さえておくべきポイント

転職に有利になると社会人にも人気の資格、危険物取扱者。その中でも特に受験者が多いのが乙種4類、通称乙4です。では、この危険物取扱者の資格を取得するためにはどのような勉強法が効果的なのでしょうか?

そこで今回は、危険物乙4の勉強方法をご紹介します。危険物乙4は決して取得が難しい資格ではありませんが、覚えることが多いので、効率よく勉強することが大切です。危険物乙4を取得したいという方や、危険物乙4の資格に興味があるという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 危険物乙4が人気の理由とは?
  2. 危険物乙4の試験内容と勉強法とは?
  3. SATの教材を活用してみよう

1.危険物乙4が人気の理由とは?

この項では、なぜ危険物の中で乙4が最も人気なのかをご紹介します。
乙4の合格率が低い理由とも関係があるのです。

1-1.危険物乙4が扱える危険物とは?

危険物乙4を取得するとガソリンや灯油、軽油などの私たちにもっとも身近な危険物を取り扱うことができます。
また、危険物を一定の数量保管している施設は、監督者として危険物取扱者の資格保持者を勤務させておかねばなりません。
ガソリンや灯油を一定数保管し、取り扱っている施設といえばガソリンスタンドです。
町中にたくさんありますね。
つまり、危険物乙4を取得すると他の危険物取扱者乙種の類を取得するより就職に有利な場所がたくさんあるのです。
また、灯油やガソリンなどはタンクローリーで運ばれることも多いですが、乙4を取得すれば、タンクローリーの運転手になることも可能です。

1-2.危険物乙4の合格率が低い理由とは?

危険物乙4の合格率は3割前後、とすべての危険物を取り扱える危険物甲種と同じくらいです。
他の危険物乙種の合格率が7割前後ですから、かなり低いですね。
しかし、これは危険物乙4の問題だけが極端に難しいのではありません。
受験者が乙4だけ突出して多いので、合格率が低くなっているのです。
ですから、問題の難易度自体は、他の乙種と変わりません。
危険物取扱者の試験は足切がなく、合格点に達していれば合格ですから、頑張って勉強しましょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?