危険物取扱者の甲種と乙種の違いとは? それぞれの特徴と資格の役立て方

社会人にも人気の資格、危険物取扱者。
特に受験者の多い乙種4類が注目されることが多いですが、危険物には取得すると消防法で定められたすべての危険物を取り扱える甲種もあります。
甲種と乙種はその他にもどんな違いがあるのでしょうか?
そこで今回は危険物取扱者甲種の特徴や難易度についてご紹介します。
乙種に比べて受験者がかなり少ないのはいったいどうしてでしょうか?
危険物取扱者の資格取得を目指しているという方や、甲種を受験したいという方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 危険物取扱者甲種の特徴とは?
  2. 甲種に合格するとこんな資格も得られる
  3. やはり甲種を取得したほうがメリットがある?
  4. 危険物取扱者に合格するための勉強法とは?

危険物取扱者の甲種と乙種の違いとは?


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?