危険物乙4の試験にはどんな問題が出る? 効果的な勉強法はコレ!

転職に有利と、社会人にも人気の資格である危険物取扱者。その中でも特に受験者が多いのが乙種4類、通称危険物乙4です。では、この乙4の試験にはどのような問題が出るのでしょうか?

そこで今回は、危険物乙4の問題についてご紹介します。いったいどのような問題が出るのでしょう?また、危険物取扱者に合格するためには、過去問を繰り返し解くことが大切といわれていますが、その他にも効果的な勉強法はあるのでしょうか?

危険物乙4の資格取得を目指している方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 危険物取扱者乙種4類とは?
  2. 危険物取扱者乙種4類の試験について
  3. 危険物取扱者乙4の問題とは?
  4. 乙4の勉強法とは?
  5. 危険物乙4の問題に対するよくある質問
  6. おわりに

1.危険物取扱者乙種4類とは?

危険物取扱者とは、消防法で指定されている危険物の取り扱いや保安監督業務を行える資格です。甲種・乙種・丙種の3種類に分かれており、乙種4類を取得すれば、第4類に指定されている危険物を取り扱ったりすることができます。

危険物第4類に分類されているのは、ガソリンや灯油などの引火性液体です。指定数量を超えて取り扱ったり貯蔵していたりする施設が多いため、有資格者の需要もたくさんあり、危険物取扱者を代表する資格となっています。乙種4類については、こちらの記事にも詳しく記載されているので、ぜひ読んでみてください。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?