少量危険物貯蔵取扱所の基準や決まりはどんなもの?


消防法では指定数量を超えた危険物を保管する場合は、細かい決まりを定めています。
では、それ以下の危険物ならば自由に保管してよいのかといえばそれは違うのです。
たとえ少量でも危険物はきちんと保管しなくてはなりません。
そこで今回は少量危険物貯蔵取扱所についてご説明しましょう。
少量危険物とはいったいどのくらいの量を指すのでしょうか?
また、消防法に基づいた少量危険物貯蔵所の基準とはどんなものなのでしょう?
危険物取扱者の方や、資格取得を目指す人はぜひ読んで知識を深めてください。

目次

  1. 少量危険物とは?
  2. 危険物貯蔵所が欲しい場合はどうしたらいいの?
  3. 少量危険物を貯蔵したり取り扱ったりする際の注意点とは?
  4. おわりに

1.少量危険物とは?

この項では、少量危険物についてご紹介します。
いったいどのくらいの量が「少量」になるのでしょうか?

1-1.指定数量5分の1以上が「少量」

消防法で定められた危険物には、それぞれ指定数量があります。
たとえばガソリンならば200リットル、灯油や軽油は1000リットルが指定数量です。
これ以上の危険物を保管したり取り扱ったりする場合は危険物取扱者が行わなければならず、指定された貯蔵所以外の場所に保管したり、製造所や貯蔵所、取扱所以外の場所で取り扱うこともできません。
では、指定数量以下の量ならば自由な場所に保管したり、どこでも取り扱ったりしてもいいかというとそれは違います。
例えば指定数量の2分の1の量である100リットルのガソリンを適当な容器に入れて、一般住宅の収納スペースの保管しておけば大事故に繋がる可能性が高いでしょう。
この指定数量の5分の1以上、指定数量未満の危険物が「少量危険物」なのです。
ガソリンを例にとると、40リットル以上200リットル未満が少量危険物になります。
また、複数の危険物を保存していてその合計数が5分の1以上であれば、少量危険物の指定を受けます。
つまり、指定数量の10分の1の危険物と8分の1の危険物を同時に保管する場合はその和が4分の1になりますので少量危険物になります。

1-2.少量危険物を取り扱ったり保管したりするには?

少量危険物を保管したり取り扱ったりする場合は、最寄りの消防署に届け出が必要です。
この届け出書の書式は、自治体のホームページでダウンロードできる場合もありますのでまずは自治体のホームページを確認してください。わからない場合は最寄りの消防署に尋ねてみましょう。
また、貯蔵庫の周りに1m以上の空き地が必要など決まりもあります。ちなみに少量危険物は資格が無くても取り扱いは可能です。

2.危険物貯蔵所が欲しい場合はどうしたらいいの?

少量危険物は、物によっては結構な量があります。
これらを安全な場所で保管する場合は危険物貯蔵所が必須でしょう。
この危険物貯蔵所を扱っている業者はたくさんあります。
これらの業者から危険物貯蔵所を買ったりレンタルしたりすれば、少量危険物を安全に保管できるでしょう。
インターネットを検索すれば危険物貯蔵所を取り扱っている業者がたくさん出てきます。その多さに驚く方もいるかもしれません。
実は少量危険物を貯蔵しているところは思っている以上に多いのです。
特に北国ならば、暖房用の灯油を指定数量の5分の1以上保管してある家は少なくありません。
またガソリンで動く機械をたくさん取り扱っている工事現場などは、給油用のガソリンをまとめて貯蔵してあるという所も珍しくないでしょう。
ですから色々なタイプの貯蔵所が販売されたり、貸し出されたりしているんです。

3.少量危険物を貯蔵したり取り扱ったりする際の注意点とは?

では、少量危険物を貯蔵取扱をする際にはどのような点に気をつければよいのでしょうか?
この項ではそれをご紹介します。

3-1.取り扱いには十分に注意する

危険物は、取り扱いの方法を間違えると火災や爆発をする危険性があるものです。
少量とはいえ、扱いを間違えれば大事故につながる可能性もあるでしょう。
危険物を取り扱う際に最も怖いのは「慣れ」です。
特にガソリンや灯油は気化率が高いため、火種が近くにあればそれ自体に触れていなくても炎上します。
ですから、くわえ煙草で給油など絶対にしてはいけません。職場で少量危険物を貯蔵取扱をしている場合はしっかりと安全教育をしましょう。また、一般家庭で少量危険物を取り扱う場合はその危険性を頭の中に叩き込んでおいてください。

3-2.貯蔵所の管理をしっかりと行う

少量危険物貯蔵所は指定数量を貯蔵する施設よりは手軽に購入したり、レンタルできます。
特に北国では、「灯油貯蔵庫」という名目でホームセンターでも販売されているでしょう。
しかし、手軽に販売されているからこそ管理もしっかりと行わなけれなりません。
危険物貯蔵所で一番怖い事故は、貯蔵所が壊れて危険物が流出することです。
ですから1m以上の空き地が必要だったり、油止めの設置が義務付けられています。
また、自治体によっては火災防止条例によって独自の決まりを定めているところもあるでしょう。
少量危険物の届け出を出す際に教えてもらえるはずですから、必ず守ってください。

3-3.万が一流出事故などが起きたら?

危険物が流出するなどの事故が起きた場合は、すぐに最寄りの消防署に連絡しましょう。
40リットル以上のガソリンや200リットル以上の灯油が流れ出せば大変なことになります。
素人では手におえません。また、片付け方が悪いと悪臭のもとになったり環境破壊になったりします。
必ず消防の指示に従って片付けてください。こっそりと新聞紙などに吸収させておしまい、ではいけませんよ。

3-4.しばらく使わない場合は、販売店に危険物を引き取ってもらおう

暖房用の灯油など、冬にしか使わないものはシーズンが終わったらガソリンスタンドに引き取ってもらいましょう。
少量危険物取扱所で保管していても問題はないのですが、事故を防止するためにはそのほうが良いのです。
ただし、量が少なかったので灯油をポリタンクに移し、来年の冬まで取っておこうとしてはいけません。
ポリタンクに入れられていた灯油は半年以上置いておくと劣化する可能性が高くなります。
劣化した灯油をストーブに入れて使用すれば、火災の原因になる場合もあるでしょう。
灯油以外にも、しばらくは貯蔵所の中の危険物を使わないという場合は、貯蔵所に鍵をかけるなど保管方法を厳重にしておいてください。
盗難にでもあったら大変です。

4.おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は少量危険物貯蔵取扱所の基準や、少量危険物を取り扱う際の注意点などをご紹介しました。
まとめると

  • 少量危険物とは指定数量の5分の1以上の危険物のことを指す
  • 少量危険物を取り扱ったり貯蔵したりする際は、消防署に届け出が必要
  • 少量危険物取扱所は周りに1mの空き地を設けるなどの規定がある

ということです。危険物というと何やら大仰な感じがしますが、私たちの身の回りにもたくさんの危険物があります。
少量危険物くらいならば家庭で保存しているという方も多いですし、大学などの研究施設でも保管されている場合が多いでしょう。
つまり、思わぬところに危険物は保管されているのです。大抵は貯蔵方法がしっかりしていますので、危険物が漏れ出したり、火災を起こす危険はありません。
しかし、万が一危険物の流出などを目撃したらすぐに消防に通報してください。
特にガソリンや灯油の場合は気化率が高いので、何かの火種で引火する危険があります。また、流出事故などが起こらぬように貯蔵所の管理はしっかり行いましょう。


危険物取扱者試験を最短合格
乙4は最短3日間、甲種は最短10日間で合格!!

SATの教材を使えば驚くほど短い学習時間で危険物取扱者試験に合格できます。別に学習内容が辛く厳しいわけではありません。毎日30分、講義動画を見るだけ。これなら「学習時間の確保が難しい・・・」「勉強は苦手で・・・」などの悩みをお持ちでも大丈夫ですね。

SATの教材を使い短期間で一発合格された受講生の声をご覧ください。受講生の皆さんが楽々試験をパスされていることが分かります。危険物取扱者の資格取得するために苦労して勉強する必要はありません。あなたもSATの教材を使って楽々試験をパスしませんか?

SAT危険物取扱者 合格の秘訣はこちら

業界初!安心のトリプル保証付き
1.全額返金保証
2.合格するまで教材無料
3.長期破損保障
※詳しくは『トリプル保証とは』のページをご覧ください。

主任講師:佐藤 毅史
大手予備校時代には平均合格率16~17%の宅建資格に対して、担当クラスの合格率を78%まで上昇させた実績をもつ超敏腕講師!危険物取扱者試験にもそのノウハウを惜しげもなく投与。
続きはこちら

最短3日で危険物乙4に合格!DVD+スマホでいつでも学習

危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?