危険物施設を徹底解説! 種類や審査基準・点検方法を紹介

危険物取扱者の試験勉強をしていると、「危険物施設」という単語がたくさん出てきます。
なにやら物騒な響きですが、これはいったい何でしょう?
そこで今回は、危険物施設についていろいろご紹介します。
危険物施設の審査基準とはどのくらいなのでしょうか?
また、危険物施設保安員になるための方法や、定期点検の間隔など危険物施設に関係することはたくさんあります。
この記事を読めば、試験勉強に役立つかもしれません。
危険物取扱者の資格取得を目指す方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 危険物施設とは?
  2. 危険物施設の種類とは?
  3. 危険物施設の審査基準とは?
  4. 危険物施設保安員とは?
  5. 定期点検について
  6. おわりに

1.危険物施設とは?

危険物施設とは、危険物を指定数量以上に取り扱ったり保管してある施設のことです。
「そんな怖い施設は、山奥など人里離れた所に建っているのではないの?」と思う方もいるでしょう。
しかし、危険物=人体に有害な物というわけではありません。
ガソリンや灯油など、扱いを間違えると大事故につながる可能性はあるけれど、生活に必須という危険物も多いのです。
ですから、危険物施設は消防法で厳重な規定や管理者の選任が定められています。
それはいったいどのようなものでしょうか?
次の項からご説明していきます。

2.危険物施設の種類とは?

この項では、危険物施設の種類をご紹介します。
思っている以上に私たちの身近には、危険物施設がたくさんあるのです。

2-1.製造所

文字通り、危険物を作る施設のことです。化学薬品工場などがこれにあたります。
危険物を製造しているわけですから、常に指定数量以上の危険物が施設内にはあることが前提です。
ここで作られた危険物が、取扱所や貯蔵庫に向かいます。

2-2.貯蔵所

貯蔵所とは、指定数量以上の危険物を貯めておく施設です。
たとえば、冬場の暖房のために指定数量以上の灯油を貯めておく場所も、貯蔵所になります。
貯蔵所には

  • 屋内、屋外の貯蔵所
  • 屋内、屋外、地下、簡易のタンク貯蔵所
  • 移動タンク貯蔵所

があるのです。
ちなみに移動タンク貯蔵所とは、タンクローリーのこと。
ですから、危険物取扱者の資格保持者の同乗が必要なのですね。

2-3.取扱所

これは、危険物を取り扱う施設のことです。ただ貯めておくだけでなく、販売したりどこかに移したりする施設も取扱所扱いになります。
これには

  • 給油取扱所(ガソリンスタンド)
  • 販売取扱所(危険物を売るお店など)
  • 移送取扱所(配管やポンプで危険物を移送)
  • 一般取扱所(ボイラー室)

などがあるのです。
ボイラー室があるビルなどで働いている、という方も多いでしょう。
危険物施設は本当に身近なところにあるのですね。

3.危険物施設の審査基準とは?

では、危険物を保管したり製造したりする施設にはどのような審査基準があるのでしょうか?
この項では、それをご紹介します。

3-1.構造の基準

危険物を製造したり、保管したりするには専用の建物や容器を用意しなくてはなりません。
万が一危険物が発火したり爆発したりした場合に、被害を最小限に食い止める必要があるからです。
天井や壁に燃えない素材を使うのはもちろんのこと、一定の厚みをもった金属で危険物を保管する容器を作るように定められています。
屋外に設置するタンクの場合は、さび止めを忘れずに塗ることも大切です。

3-2.設備の基準

設備とは、危険物の発火や爆発を防ぐものや、万が一流出などが起こった場合に被害を最小限に食い止めるための物のことです。避雷針や防油溝、ため、排気口などがそれにあたります。

3-3.配管の基準

配管に危険物が流れ込んだときに流出を防ぐために、配管の厚さや素材を定めています。
また、通常の1.5倍の圧力をかけても壊れないことをテストする必要もあるのです。
さらに、風圧や水圧、地盤沈下、温度変化などにも耐えなければなりません。
なお、危険物を通す配管は定期的に点検が必要です。
たとえ地下に埋めてある配管でも、点検ができる造りにしなくてはなりません。

3-4.その他の基準

その他の基準として、要領の基準や位置の基準があります。
容量の基準とは「タンクに貯蔵してよい危険物の量」のことです。
タンクにあふれんばかりに危険物を入れれば、それだけ事故の危険性も増すでしょう。
また、位置の基準とはガソリンスタンドの給油機や家庭用の簡易タンク貯蔵所を一定の間隔で、限られた数しか設置していけないという決まりです。
さらに、危険物を搭載していることを示さなければならない決まりなどもあります。
この部分を覚えていないという方は、もう一度テキストで確認してみてください。

4.危険物施設保安員とは?

危険物施設保安員とは危険物施設の定期点検や臨時点検、安全装置などの保安確認を行う人のことです。
また、災害が発生した場合は応急処置も行います。
この危険物施設保安員は、特に資格がなくてもなることができるのです。
しかし、危険物施設保安員を監督する危険物保安監督者は、危険物取扱者の資格が必要ですので混同しないようにしてください。
危険物施設保安員は、指定数量に関わらず「危険物移送取扱所」では選任が必要。
また、製造所や一般取扱所でも、指定数量の倍数が100以上の場合は危険物施設保安員の選任が必要です。
ようするに、「危険物保安監督者だけでは心もとないので、いざという時のために補佐を置いておきます。」ということなのです。

5.定期点検について

危険物施設は、以下の場所は1年に1回以上の定期点検が義務付けられています。

  • 地下タンク貯蔵所
  • 地下タンクを有している製造所、給油取扱所
  • 移動タンク貯蔵所
  • 移送取扱所

屋内タンク貯蔵所や簡易タンク貯蔵所販売取扱所に定期点検の義務はありませんが、それでも設備が劣化していないか定期的に確認するとよいでしょう。
点検は危険物取扱者の資格保持者(資格の種類は問わない)危険物施設保安員であれば行えます。
これ以外にも、危険物取扱者の立ち合いの基、点検をすることができるのです。
点検の記録は3年間保存しておかなくてはなりません。
ですから、人の入れ替わりが激しい職場では、引継ぎをしっかりと行ってください。
「いつの間にかどこかにいってしまいました」では通用しません。
最悪の場合は、罰金刑などのペナルティが課せられます。
また、一定以上の規模の屋外タンク貯蔵所と移送取扱所は定期点検の他に市町村長等が行う保安検査がありますので、忘れないようにしてください。

6.おわりに

いかがでしたか?
今回は危険物施設についてご紹介しました。
まとめると

  • 危険物施設は私たちの身近にある
  • 危険物施設は製造所の他に販売や取扱所、貯蔵所などがある
  • 危険物を貯蔵したり取り扱ったりする場合は、一定の基準を満たさなければならない
  • 1年に1回は点検しなくてはならない危険物施設もある

ということです。
この記事を読むと、危険物施設は私たちの生活圏の近くにたくさん存在していると感じる方もいるでしょう。
危険物は、確かに不用意に火を近づけたり取り扱いを誤れば大変なことになります。
しかし、正しく取り扱えば私たちの生活を豊かにしてくれるものなのです。
危険物取扱者の資格取得を目指すなら、暗記するばかりでなく実際に近所の施設を外側からだけでも見学してみましょう。
より具体的に、数値や決まりが頭の中に入ってくる場合もあります。
簡易タンク貯蔵所ならば、雪国なら一般家庭に設置してあることも珍しくないでしょう。
また、ビルにボイラー室がある場合は、注意深く見てみれば構造の基準などがわかってきます。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?