危険物施設を徹底解説! 種類や審査基準・点検方法を紹介

危険物取扱者の試験勉強をしていると、「危険物施設」という単語がたくさん出てきます。
なにやら物騒な響きですが、これはいったい何でしょう?
そこで今回は、危険物施設についていろいろご紹介します。
危険物施設の審査基準とはどのくらいなのでしょうか?
また、危険物施設保安員になるための方法や、定期点検の間隔など危険物施設に関係することはたくさんあります。
この記事を読めば、試験勉強に役立つかもしれません。
危険物取扱者の資格取得を目指す方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 危険物施設とは?
  2. 危険物施設の種類とは?
  3. 危険物施設の審査基準とは?
  4. 危険物施設保安員とは?
  5. 定期点検について
  6. おわりに

1.危険物施設とは?

危険物施設とは、危険物を指定数量以上に取り扱ったり保管してある施設のことです。
「そんな怖い施設は、山奥など人里離れた所に建っているのではないの?」と思う方もいるでしょう。
しかし、危険物=人体に有害な物というわけではありません。
ガソリンや灯油など、扱いを間違えると大事故につながる可能性はあるけれど、生活に必須という危険物も多いのです。
ですから、危険物施設は消防法で厳重な規定や管理者の選任が定められています。
それはいったいどのようなものでしょうか?
次の項からご説明していきます。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?