爆轟と爆発の違いについて知りたい方へ~爆轟とは何なのか~

危険物を取り扱うためには「資格」を取得しなければなりません。
きちんと知識を身につけないと命につながる大事故が起こる可能性もあるのです。
そこで、爆轟(ばくごう)と爆発の違いについて詳しく説明します。
爆轟(ばくごう)と爆発の違いはもちろん、爆轟(ばくごう)の種類や発生条件、CJ理論も一緒に見ていきましょう。
危険物取扱者を目指している人、爆轟(ばくごう)と爆発の違いについて知りたい人はぜひチェックしてください。

目次

  1. 爆轟(ばくごう)と爆発の違い
  2. 爆轟(ばくごう)の種類と発生条件
  3. CJ理論とは
  4. まとめ

1.爆轟(ばくごう)と爆発の違い

爆発はよく聞きますが、「爆轟(ばくごう)」はあまり聞かない言葉ですよね。
爆轟(ばくごう)と爆発の違いを知るためにも、爆轟(ばくごう)について詳しく把握しておきましょう。

1‐1.爆轟(ばくごう)とは

爆轟(ばくごう)とは、爆発と同じような響きと思いますが意味はまったく違います。
気体の熱膨張の速度が急速になって音速を超えるのです。
音速を超えたとたん、衝撃波をともないながら燃焼することを「爆轟(ばくごう)」と言います。
速度によって「高速爆轟(ばくごう)」と「低速爆轟(ばくごう)」の2種類に区別できるのです。
後ほど、詳しく爆轟(ばくごう)の種類について説明しましょう。
爆轟(ばくごう)は爆発の1つでもありますが、音速を超える速さで火災が広がるのです。また、大きな圧力変化を生み出すのも爆轟(ばくごう)の特徴にもなります。
強い破壊作用を持っているため、十分に注意しなければなりません。

1‐2.「衝撃波」をともなうかどうか

爆轟(ばくごう)と爆発の違いは「衝撃波」をともなうかどうかです。
爆轟(ばくごう)による燃焼は衝撃波から発生する断熱圧縮によります。
衝撃波をともなうからこそ燃焼し続けて熱膨張の速度が音速を超えるのです。
しかし、爆発は基本的に音速を超えません。
圧力の急激な発生によって破壊作用が起こる現象になります。
たとえば、一気にふき出すような現象ですね。
専門家の話によると、膨張速度が音速に達しないものを「爆燃(ばくねん)」と言います。
そして、音速を超えて衝撃波をともなう爆発の1種を「爆轟(ばくごう)」として区別しているのです。
以上のように、主な違いは「衝撃波をともなうかどうか」、そして、「熱膨張が音速を超えるかどうか」が大きなポイントになります。

1‐3.音速を超える衝撃波はすさまじい

よくテレビドラマや映画のシーンであるように、爆発は一気に衝撃がやってきます。
爆発は命にかかわるほど強いものから弱いものまで幅広いです。
一方、音速を超える衝撃波が発生する「爆轟(ばくごう)」はとても恐ろしいものになります。
たとえば、2011年3月14日の東日本大震災の際に起きた福島第1原発3号機の水素爆発が「爆轟(ばくごう)」になるのです。
衝撃波が音速を超えて、キノコ雲が上空300mまで上がったと発表しました。
後になって、「爆轟(ばくごう)」が起きたものだと判断したのです。
福島県の一体が立ち入り禁止になるほど、悪影響はとても大きいものでした。
よって、爆轟と爆発はまったく違うものだと認識しなければなりません。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?