化学変化と物理変化の違いとは?特徴をご紹介します。

危険物取扱者の試験範囲の中には「物質の変化」というものがあります。
物質の変化には化学変化と物理変化があるのです。
物理や化学は中学や高校の授業でやっただけという方は理解しにくい方もいるでしょう。
そこで、今回は化学変化と物理変化の違いをご説明します。
物質の変化自体はたくさんの種類がありますが、物理と化学では特徴に違いがあるのです。
その特徴をしっかりと把握しておきましょう。
これから危険物取扱者の試験を受けるという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 化学変化と物理変化の違いとは?
  2. 危険物取扱者の試験で変化が扱われる理由とは?
  3. 危険物取扱者の受験勉強の仕方
  4. おわりに

1.化学変化と物理変化の違いとは?

まず始めに、化学変化と物理変化の違いについてご紹介しましょう。
変化というのは物質の形状が異なる形になること。
では、化学と物理の違いはなんでしょうか?

1-1.化学変化とは?

化学変化とは、物質が別の物質に変化し、持っていた特性までもが変化することです。
化学変化の種類には、化合、分解、複分解、置換、重合があります。
化学変化の特徴は、物質単独では変化しない、ということです。
具体例を挙げてみましょう。
木炭が完全燃焼すると二酸化炭素になります。
これは、炭素が酸素と化合して起こる化学変化です。
二酸化炭素になってしまえば、元の炭素原子に戻ることはあっても「木炭」という物質には戻れません。
このような変化を化学変化といいます。

1-2.物理変化とは?

物理変化とは、物質の状態が変化することをいいます。
こちらも具体例を挙げてみましょう。
水を凍らせると固体になり、沸騰させると気体になります。
この形状の変化が物理変化です。
また、ばねが伸び縮みしたり、食塩や砂糖を水に溶かして水溶液を作ったりすることも物理変化になります。
ですから、形が変わっても物質の本質は変わりません。
ですから、氷は溶けると再び水になるのです。
物理変化には状態変化、変形、溶解、混合があります。
工場などだけでなく、私たちの身の回りにもこのような物理変化はたくさん起こっているのですね。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?