消防法で決められた危険物の指定数量とは?

危険物とは、消防法に定められた「保管方法や取り扱い方が悪いと、発火や爆発する可能性の高い物質」の総称です。
しかし、少量の危険物ならば一般家庭にも保管されています。
保管や取り扱いに危険物取扱者の有資格者が必要な量が指定数量。
今回は、この指定数量についてご説明しましょう。
指定数量は消防法で定められていて、物質によって量が違います。
また、危険物取扱者の資格を取得するためには「指定数量の倍数計算」を覚えておく必要もあるのです。
危険物取扱者の資格取得を目指す方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 危険物の指定数量とは?
  2. 危険物の指定数量はどうやって決まるの?
  3. 自治体で独自の条例を定めているところもある
  4. 危険物の計算方法とは?
  5. 危険物の指定数量が適応外になる例とは?
  6. おわりに

1.危険物の指定数量とは?

危険物とは、前述したように保管方法や取り扱い方がいいかげんだと発火や爆発する可能性の高い物質です。
私たちの最も身近にある危険物といえば、灯油やガソリンでしょう。
どちらも自動車や暖房の燃料には欠かせませんが、火気を近づけただけで大火災になります。
このような危険物を保管したり取り扱ったりできる資格が、「危険物取扱者」です。
しかし、灯油やガソリンは無資格でも購入したり保管できたりします。
つまり、危険物は毒物や劇物とは異なり、少量ならば無資格でも扱えるのです。
でも「少量」という漠然とした基準では、どのくらいの量まで保管してもよいのか見当がつきません。
ですから、指定数量が定められているのです。
指定数量以上に危険物を保管したり取り扱ったりする場合は、危険物取扱者の選任が必要になります。
指定数量は危険物によって異なりますが、危険度が高いものほど量が少なくなる傾向にあるのです。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?