【必読】危険物の標識とは?種類や目的・規定などを解説

私たちの身のまわりには危険物がひそんでいます。特に、危険物を取り扱う事業場や工場は危ないです。危険物による事故を防ぐためにも危険物の知識を持っておかなければなりません。そこで、危険物の取り扱いに重要な「危険物の標識」について説明します。危険物の基礎知識や危険物に関する安全標識、危険物に関係する資格なども見ていきましょう。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物の標識について
  3. 危険物標識のメーカー、管理者について
  4. 危険物に関係する資格について
  5. 危険物取扱者の試験について
  6. 危険物取扱者資格の勉強法
  7. 危険物の標識に関してよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の資格取得に必要な情報を知ることができます。危険物の標識について知りたい方、受験を考えている方は必見です。

1.危険物の基礎知識

危険物の標識や資格を取得するには、危険物の基礎知識を知ることが大切です。危険物とは何なのか、消防法や危険物の種類・分類など説明します。

1-1.危険物とは

普段の生活において通常状態で放置すると火災、爆発、中毒といった災害につながるものが「危険物」です。私たちが思っている以上に危険物はあらゆる場所に存在しています。きちんと危険物について知り正しい扱い方をしなければ災害が起きる可能性が高まるでしょう。

1-2.消防法について

危険物は消防法によって定められています。消防法では第2条第7項にて「法別表の品名欄に掲げる物品で、同表に定める区分に応じ同表の性質欄に掲げる性状を有するものをいう」と記載されているのです。また、消防法では危険物によって指定数量が決まっています。指定数量とは、「危険物についてその危険性を勘案して政令で定める数量」のことです。指定数量以上の危険物を貯蔵する場合は必ず政令の基準を守らなければなりません。

消防法:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO186.html

1-3.消防法に定められた危険物の種類、分類など

消防法に定められた危険物は第1類~第6類まであります。大まかな分類を説明すると、第1類は酸化性固体、第2類は可燃性固体、第3類は禁水性物質、第4類は引火性物質、第5類は自己反応性、第6類は酸化性液体です。詳細は以下のページで確認できるのでぜひチェックしてください。

消防表別表:http://www.e-kikenbutu.com/what/index2.html


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?