地下タンク貯蔵所はどんな決まりがあるの?危険物取扱者の基礎知識

「スキルアップしたい」「転職・就職に有利だといわれたから」と、危険物取扱者の資格取得を考えている人は多いでしょう。危険物取扱者は危険物の取り扱いはもちろんのこと、保管方法も把握しておかなければなりません。保管場所の1つに「地下タンク貯蔵所」があります。これから、地下タンク貯蔵所や危険物の保管・危険物に関する資格・試験・勉強法など詳しく説明しましょう。

  1. 地下タンク貯蔵所とは
  2. 地下タンク貯蔵所について
  3. 危険物とは
  4. 危険物の保管について
  5. 危険物に関係する資格について
  6. 危険物取扱者の試験について
  7. 危険物取扱者の勉強法
  8. 危険物に関してよくある質問

この記事を読むことで、地下タンク貯蔵所について詳しく知ることができます。危険物取扱者に必要な知識を身につけ、試験に挑みましょう。

1.地下タンク貯蔵所とは

地下タンク貯蔵所は危険物の貯蔵・取り扱いをおこなう施設の1つです。一体どんなものなのか、何を貯蔵するのか、どんな場所で必要なのか詳しく見ていきましょう。

1-1.地下タンク貯蔵所はどんなものか

地盤直下にある貯蔵タンクのことを「地下タンク貯蔵所」といいます。危険物の貯蔵・取り扱う場所は地上だけにあると思っている人は多いでしょう。しかし、地中にも危険物を貯蔵する場所があるのです。

1-2.何を貯蔵するのか

主に危険物を貯蔵します。危険物の中でも液体危険物の保管がほとんどです。タンク内からもれないように構造の工夫が必要になります。

1-3.どんな場所で必要か

地上に最適な保管場所がない場合、地下に貯蔵タンクをつくります。危険物を保管するには、周囲に火災の危険性がないことを証明しなければなりません。十分な保管場所が確保できない場合に、地下に貯蔵タンクをつくるケースがほとんどです。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?