危険物とは?種類や指定数量など、危険物に関連する資格をご紹介!

「危険物について知りたい」「関連する資格を取得したい」など、危険物取扱者の資格取得を考えている方は多いでしょう。危険物を取り扱うためには危険物の内容についてきちんと把握しておかなければなりません。取り扱い方を少しでも間違えてしまえば大惨事になります。そこで、危険物とは何なのか、消防法による危険物・危険物に関する資格・危険物取扱者の資格習得・危険物保安管理者など詳しく説明しましょう。

  1. 危険物とは
  2. 消防法による危険物とは
  3. 危険物に関する資格とは
  4. 危険物取扱者の資格習得について
  5. 危険物保安監督者について
  6. そのほか、危険物取扱者資格と関連する資格について
  7. 危険物取扱者免状の申請について
  8. 危険物に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物取扱者の資格取得に必要な情報が入手できます。危険物について知りたい方・資格取得を考えている方は必見です。

1.危険物とは

危険物取扱者になるには、まず危険物について知ることが大切です。危険物の定義や消防法・国連危険物輸送勧告など詳しく説明しましょう。

1‐1.危険物の定義

私たちの生活の中には危険物が存在しています。「危険物」は通常状態で放置すると火災、爆発、中毒など災害につながるものです。危険物を取り扱う者はきちんと危険物について把握することが大切になります。知識を持っていなければ、災害のリスクが高まるのです。実際、危険物による災害も起きているので、取り扱いには十分に気をつけてください。

1‐2.日本での危険物

日本で危険物に指定されているのは第1類~第6類までです。引火性物質・爆発性物質・劇毒物または放射性物質と危険性のある物質が「危険物」としてみなされます。私たちの身近にある危険物といえば、ガソリンや灯油・石油などです。

1‐3.消防法とは

危険物は消防法によって定められています。消防法では危険物に関して第2条第7項にて「法別表の品名欄に掲げる物品で、同表に定める区分に応じ同表の性質欄に掲げる性状を有するものをいう」と記載されているのです。

消防法

1‐4.国連危険物輸送勧告

国際的な危険物の輸送においては、「国連危険物輸送勧告」で2年ごとに勧告されています。危険物とまわりにいる人やものの安全を確保するために国際連合危険物輸送および分類調和専門家委員会が呼びかけているのです。

1‐5.毒物および劇物取締法

毒物および劇物取締法は昭和25年12月28日に制定されました。毒物および劇物について、保健衛生上から必要な処置をおこなうことが目的です。省略して「毒劇法」とも呼ばれています。主に、毒物や劇物の製造・輸入・販売・取り扱いの規制が定められているの法律です。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?