危険物に関する法令「消防法」を徹底解析!関連する資格とは?

日本で定められている危険物は、きちんと知識を持っている有資格者が取り扱わなければなりません。素人が取り扱えば、火災や爆発など大事故のリスクが高まります。危険物に関する知識はもちろんのこと、危険物に関する法令についても把握しておかなければなりません。そこで、危険物に関する法令や資格・試験内容など詳しく説明します。

  1. 危険物に関する法令とは
  2. 消防法とは
  3. 消防法にもとづく危険物とは
  4. 危険物に関する資格とは
  5. 危険物取扱者の資格習得について

この記事を読むことで、危険物に関する法令と資格試験について知ることができます。基礎知識を身につけて、危険物取扱者の試験に挑みましょう。

1.危険物に関する法令とは

危険物取扱者の資格取得には危険物に関する法令を把握することが大切です。危険物を定めている消防法から、毒物および劇物取締法など詳しく説明します。

1-1.消防法

消防法は「火災を予防し、国民の生命・身体および財産を火災から保護するため」を目的とした法律です。また、火災・地震による災害の被害を軽減する目的もあります。危険物は消防法によって定められているのです。第2条第7項にて「法別表の品名欄に掲げる物品で、同表に定める区分に応じ同表の性質欄に掲げる性状を有するものをいう」と危険物について記載されています。消防法は危険物の取り扱いに必要な法律、内容を含んでいるのです。消防法の詳細は以下のリンクから確認できます。

消防法

1-2.毒物および劇物取締法

毒物および劇物取締法は保健衛生上、必要な取り締まりをするための法律です。省略して「毒劇法」とも呼ばれています。毒物や劇物となるものを指定したうえで、製造・輸入・販売・取り扱いなどの制限が記載されている大切な内容です。薬事・食品衛生審議会の答申にもとづき、政令によって指定されています。また、毒物および劇物取締法に基づく物質は、毒物・劇物・特定毒物・普通物の4つに分類されているのです。

1-3.国連危険物輸送勧告

国連危険物輸送勧告は国際的な危険物の輸送をおこなう際、安全性を確保するための勧告です。国際連合に設置されている国際連合危険物輸送および分類調和専門家委員会によって、2年ごとに勧告が出されています。人と財物に関する事故・悪影響を防ぐためにも、国連危険物輸送勧告をきちんと把握しておかなければなりません。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?