危険物取扱者の転職や就職はどう?資格取得についても詳しく解説!

危険物取扱者の資格を持っていると、転職や就職には有利なのか気になりますよね。今の時代、ほかの人と比較して何か特技を持っている方がいいのは確かなことです。今回は、危険物取扱者の転職や就職の実際に触れつつ、資格取得の方法などについても詳しく解説します。危険物取扱者について知りたい人は、ぜひ読んでください。

  1. 危険物取扱者について
  2. 危険物取扱者の職場とは
  3. 危険物取扱者の転職について学ぼう
  4. 危険物取扱者の資格について
  5. 危険物取扱者の試験について
  6. 危険物取扱者資格取得のための勉強法を紹介
  7. 危険物取扱者の転職や就職でよくある質問

危険物取扱者になるには、資格取得が必要です。転職や就職で有利に活動するためにも、ぜひ危険物取扱者の資格取得を目指しましょう。記事を読んだ人は、資格取得に向けて必要な知識を身に付けることができるので有利になりますよ。

1.危険物取扱者について

危険物取扱者の資格概要や職務など、基本的なことを学びましょう。資格取得のためにも、基本を学ぶことはとても有利になります。

1-1.危険物取扱者の資格概要

危険物取扱者とは、危険物の取り扱いや立ち会いに必要になる国家資格です。危険物取扱者の資格を持っていない人が業務にあたることは法律違反になるので注意しましょう。危険物取扱者は、消防法によって規定がある資格です。資格取得のためには、規定の国家試験に合格する必要があります。

1-2.危険物取扱者の種類や分類について

危険物取扱者の種類や分類については、下記のとおりとなります。

  • 甲種危険物取扱者
  • 乙種危険物取扱者
  • 丙種危険物取扱者

なお、乙種は第1類から第6類までの6種類があり、取り扱い可能な危険物の種類が限定となります。なお、甲種が最も上位となり、丙種が最も下位の資格です。初心者は、丙種危険物取扱者の資格取得から目指すことも検討してください。

1-3.危険物取扱者の職務とは

危険物取扱者の職務には、主に以下のようなものがあります。

  • 危険物の取り扱い
  • 危険物の取り扱いに関する立ち会い
  • 危険物の保安や点検

なお、乙種は免状のある危険物の種類に関する業務に限定となります。また、丙種は立ち会い業務は行うことができません。

1-4.危険物取扱者の目的や必要性を学ぼう

危険物取扱者は、危険物の取り扱いに関するプロです。危険物は、取り扱いを間違えると大きな事故につながるため、専門の知識を学んだ危険物取扱者の必要性は高いと言えます。危険物を取り扱うためには、必ず危険物取扱者の資格が必要になるのも安全を考えてのことだと覚えておきましょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?