危険物取扱者の書き換えとは? 資格の書き換え方法と注意点を解説!

危険物取扱者は、就職や転職に人気の高い資格のひとつです。実際に、採用試験のときに有利になったり、特別に資格手当てがもらえたりするなど、メリットが多い資格と言えます。しかし、危険物取扱者資格は資格取得をしたら完了ということではありません。資格取得後には、一定の条件によって免状の書き換えをする必要があることを知っておきましょう。もしも、忘れていたなどの理由で書き換えをしなかった場合は、業務に不都合をもたらすこともあるので注意してください。せっかくがんばって取得した資格なのですから、免状もきちんと書き換え申請をしておきましょう。今回は、危険物取扱者の書き換えに関して詳しく解説します。

  1. 危険物取扱者免状について
  2. 危険物取扱者の書き換えについて
  3. 危険物取扱者の書き換えの申請方法
  4. 危険物取扱者の書き換えに関するよくある質問

危険物取扱者の書き換えについては、記事を読むことで基本から理解できるようになります。特に、数年前に危険物取扱者の資格を取得した人は、免状の書き換えの準備をしておきましょう。また、最近取得した人であっても、何らかの理由で書き換えが必要なこともあります。まずは、記事の内容をじっくり読んで、将来書き換えが必要になったときに慌てないようにしましょう。今回の記事で危険物取扱者免状の書き換えの知識を身に付けた人は、実際の書き換えの手続きもスムーズに進めることができますよ。

1.危険物取扱者免状について

まずは、危険物取扱者免状についての基本を確認しておきましょう。自分でも意外と知らない内容もあるものですよ。

1-1.危険物取扱者免状の概要

危険物取扱者の資格取得をした人は、免状を申請する必要があります。理由としては、免状が業務を行うための証明書となるからです。なお、危険物取扱者の免状申請については、以下を参考にしてください。

  • 免状の発行者:都道府県知事
  • 免状の大きさ:縦5.4センチ×横8.5センチ(カード型)
  • 免状の申請に必要な書類(新規取得の場合):免状交付申請書および試験結果通知書・392円分の切手を貼った免状送付用封筒
  • 免状の申請費用:2,800円

資格試験に合格した人は、忘れずに免状を申請しておきましょう。なお、試験合格日から6か月以上経過した場合はもうひとつ注意事項があります。上記の必要書類に加えて、写真1枚(縦4.5cm×横3.5cmのサイズで正面から無帽・無背景・上三分身像で撮影したもの)も添付してくださいね。

1-2.危険物取扱者免状の必要性

危険物取扱者免状は、規定の資格試験に合格するレベルの知識や技術を習得している証拠となります。確かに、資格試験に合格した時点で相応の実力を持っていることは証明できるでしょう。しかし、第三者が納得するためには目に見える形での証拠が必要なのです。また、危険物取扱者免状は危険物の移送をするときに携帯義務があるため、申請をしていないと業務に支障が出ることもあります。

1-3.危険物取扱者免状の携帯義務について

危険物取扱者免状は、基本的には携帯義務がありません。従って、現場作業などの際に携帯していなくても罰則は無いのです。ただし、タンクローリー車などで危険物を移送する場合には、免状を携帯しなくてはなりません。なお、危険物の移送に関しては、危険物取扱者が運転もしくは同乗することが義務となります。危険物の移送の際に免状を携帯していない場合は、違反となりますので注意しましょう。

1-4.危険物取扱者免状に関するそのほかのこと

危険物取扱者免状は、本人写真付きの証明書です。しかし、携帯電話の契約などで写真付きの身分証明書として通用しないことが多くなります。危険物取扱者は国家資格のひとつであり、かつ、免状が都道府県知事によって発行になるにもかからず、公的な写真付き身分証明書としては機能しないのです。現時点では、危険物取扱者免状に記載するのは氏名・生年月日・本籍だけの情報となります。住所の記載が無い点で現住所確認ができないため、いろいろと不利になるのだと考えてください。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?