危険物とLPガスの関係とは? ~危険物取扱者・関連する資格について~

LPガスは私たちの生活に必要なものです。たとえば、お湯を沸かすとき、プロパンガスに入っているLPガスを使用します。ボンベの移動や扱いは、きちんと専門の知識を持った者がおこなわなければなりません。素人が誤った扱い方をしてしまうと、火災・爆発が起きるリスクが高まります。では、LPガスを扱うには、一体どんな資格が必要なのでしょうか。そこで、本記事では、LPガスの基礎知識や保安義務・危険物に関連する資格など詳しく説明します。

  1. LPガスとは
  2. LPガスは危険物か?
  3. LPガスの保安業務について
  4. 危険物に関する資格とは
  5. 危険物取扱者と関連する資格とは
  6. LPガス・危険物に関してよくある質問

この記事を読むことで、LPガスや危険物の基礎知識がわかり、扱うために必要な資格を知ることができます。LPガスと危険物について知りたい方や関連する資格の取得を考えている方は必見です。

1.LPガスとは

正しく扱うにはLPガスについて詳しく把握しておかなければなりません。これから、LPガスの定義や種類・使用目的について説明します。

1-1.LPガスの定義

LPガスの正式名称は、液化石油ガスです。主成分はプロパン・ブタンになります。空気より重たく、容易に液化させられることが特徴的です。常温・常圧では気体になりますが、常温で低い圧力をかけるとすぐに液化できます。特に、ブタンは常圧における沸点がマイナス0.5度なので液化しやすいです。また、LPガスはもともと無色・無臭の物体ですが、ガスがもれたときはすぐ気づけるようににおいをつけています。

1-2.LPガスの種類

家庭で使用されているLPガスは、ほとんどプロパンが主成分です。そのため、プロパンガスとも呼ばれています。しかし、ガスライターや工場などで使用されるLPガスの主成分はブタンです。LPガスの種類は、プロパンかブタンのどちらかになります。

1-3.LPガスの使用目的

LPガスの使用目的はさまざまです。たとえば、家庭ではお湯を沸かすために使用することが多いでしょう。家庭以外にも幅広い分野で活躍しています。携帯コンロのガスもLPガスです。また、タクシーやフォークリフト・道路工事に使われる機械の燃料など、多方面で使用されています。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?