必読!危険物取扱者の分類を把握して試験に一発合格するための7項目

危険物取扱者の資格取得を考えている人に朗報です。危険物を取り扱う際に必要になる国家資格であり、幅広い現場で活躍できるこの資格。給料がアップしますし、転職も有利になるということで非常に人気がある資格です。業種を問わず需要の高い仕事であることから、取得を目指して試験を受ける人も多いのではないでしょうか。この資格は甲種・乙種・丙種に分類され、社会的な評価や給料の面でも違いがあります。まずは、その種類について勉強しておきましょう。この記事では、資格の分類や勉強方法などをまとめてご紹介します。

  1. 危険物取扱者について
  2. 危険物取扱者の分類について
  3. 危険物取扱者のメリット
  4. 分類別危険物取扱者の資格について
  5. 分類別危険物取扱者の試験について
  6. 危険物取扱者資格取得を目指した勉強法
  7. 危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読むことで、危険物取扱者という資格について詳しく知ることができます。試験を受ける人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.危険物取扱者について

まずは、この資格についてご紹介します。具体的にどのような職業に就くことができるのでしょうか。

1-1.どんな資格なのか?

一定数量以上の危険物を取り扱う際に必要な資格のことです。危険物の取り扱いに関する知識や技能を持っていることが求められます。危険物とはたとえば、ガソリンや灯油、軽油を始め、金属粉やカリウムなどです。現場の即戦力として評価されるため、就職や転職にも大変有利でしょう。

1-2.主な職業

素人ではできない危険物の取り扱いをします。ガソリンスタンドや化学工場、石油プラント、タンクローリー、危険物貯蔵倉庫などで働くことが可能です。24時間稼働の職場が多いため、時間帯にわけたシフト制を取り入れているところもあります。ただし、この資格には分類があり、取り扱うことができる種類や与えられた権限が異なるということを覚えておきましょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?