危険物の地下タンク貯蔵所の点検はどうなっているの?関連資格とは?

危険物を貯蔵する場所では、消防法に基づいた管理をしなければなりません。きちんと法律のに沿った管理をしなければ、火災や爆発などの大事故につながります。地下に危険物を貯蔵する「地下タンク貯蔵所」も危険物の保管場所になるため、徹底した管理と点検が必要です。特に、点検は安全を維持し続けるために必要な作業になります。そこで、本記事では、危険物の地下タンク貯蔵所について、点検内容や危険物取扱者など詳しく説明しましょう。

  1. 危険物の地下タンク貯蔵所について
  2. 危険物の地下タンク点検について
  3. 危険物に関係する資格について
  4. 危険物取扱者の試験について
  5. 危険物取扱者資格の勉強法について
  6. 危険物の地下タンク貯蔵所に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物の地下タンク貯蔵所における基礎知識を身につけることができます。危険物の地下タンクの点検について知りたい方や試験を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1.危険物の地下タンク貯蔵所について

危険物を正しく取り扱い、保管するためには、地下タンク貯蔵所がどのようなものか知ることが大切です。ここでは、危険物の地下タンク貯蔵所の基礎知識について解説します。

1-1.危険物保管の地下タンク貯蔵所とは

地下にある危険物保管所・貯蔵所のことを地下タンク貯蔵所といいます。一般的に、危険物を貯蔵するのは地上ですが、保管場所が確保できない場合は地下に設けられるものです。地下タンク貯蔵所を設置するには、構造・設備・配管など基準が定められています。

1-2.地下タンクの基準

危険物の保管場所は、火災・爆発が簡単に起きないよう工夫を施しておかなければなりません。地下タンクの構造・設備・配管について詳しく説明しましょう。

1-2-1.構造

タンクの厚さや塗装など、地下タンクの構造は細かく決められています。主に、以下の条件をクリアしておかなければなりません。

  • 危険物の量を自動表示するための装置を設置する
  • 錆(さび)止めの塗装を施す
  • タンクは厚さ3.2ミリメートル以上の鋼板を使用する
  • 厚さが0.3メートル以上の鉄筋コンクリートでふたをする
  • タンクの頂部は地盤面から0.6メートル以上になるようにする
  • タンク室の壁と床は厚さ0.3メートル以上のコンクリートにする
  • タンクとタンク室の間は0.1メートル以上の間隔を保ち、乾燥砂をつめる

1-2-2.設備

地下タンクの構造と同じく、設備に関しても細かい決まりがあります。主に挙げられる設備基準は、以下のとおりです。

  • 漏えい検査管:タンクの周囲に危険物の漏れを検知するための設備(漏えい検査管)を4つ以上取りつける
  • 通気管:タンクに通気管を設け、通気管は地盤面から4メートル以上の高さにする
  • 消火設備:第5種消火設備(小型消火器・乾燥砂など)を2個以上設置する

1-2-3.配管

危険物は空気を汚染させる物質もあります。もし、漏れた場合は外部に広がらないよう、気をつけなければなりません。そこで、重要になるのが配管です。配管は素材から定められています。

  • 配管の素材は強度のある材質を使う
  • 配管にかかる最大常用圧力の1.5倍以上の圧力水圧実験を行い、漏えいなど異常がないかどうか確認する
  • 配管の結合部分から漏れていないかどうか点検できるようにする
  • 地盤にかかる重量が配管に影響しないよう保護する

1-3.どんな施設に造られるのか?

地下タンク貯蔵所は、地上に最適な保管場所が見つからない場合に造ります。危険物を保管するには、保管場所の周囲に建物がない場所が好ましいです。そのため、場所が十分に確保できない場合は地下に貯蔵所を設置します。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?