危険物の保管庫、危険物貯蔵所とはどんな施設?特徴をご紹介します。

危険物とは、消防法で定められている火災を発生しやすい物質の総称です。代表的なものにガソリンや灯油などの石油製品があります。危険物を取り扱える資格である危険物取扱者は、社会人にも人気の資格です。取得を目指して勉強に励んでいる方も多いことでしょう。

そこで今回は、危険物取扱者の試験に出題される可能性が高い危険物保管庫の一つ、危険物貯蔵所についてご紹介します。

  1. 危険物に関する基礎知識
  2. 危険物の保管や貯蔵について
  3. 危険物取扱者の資格について
  4. 危険物の保管庫や貯蔵所・資格についてのよくある質問

危険物取の保管庫や貯蔵所はどの試験を受けても出題する可能性があります。危険物取扱者の試験にチャレンジする方や危険物を取り扱っている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.危険物に関する基礎知識

はじめに、危険物に関する基礎知識をご紹介します。危険物とはどのような物質なのでしょうか?

1-1.危険物とは

危険物とは、消防法で定められている火災を発生させやすい物質の総称です。代表的なものに、ガソリンや灯油などの石油製品があります。また、物質そのものは不燃性であっても酸素供給源となって火災を促進させやすい物質も、危険物に指定されるのです。このような物質を支燃物といいます。現在、危険物に指定されているのは固体と液体のみです。プロパンガスやアセチレン性ガスのような可燃性ガスはありますが、消防法上では危険物には含まれていません。だからといって、いい加減に管理をしてよいというわけでなく、高圧ガス保安法やガス事業法など別の法律で管理されています。なお、熱を加えると気体になる危険物がありますが、これは気体に区分されません。

1-2.消防法とは

消防法とは、火災の予防・警戒・鎮圧を目的とした法律です。もう少し具体的に説明をすると、火災によって生命や財産を守るために建物の立て方や消化器・火災報知器などの設置方法、危険物の管理方法を定めています。ビルや商業施設には消火器やスプリンクラーの設置が義務付けられていますが、あれも消防法によって定められているためです。また、消防法を補う決まりを定めている自治体もたくさんあります。

1-3.危険物の種類や分類

消防法によって定められている危険物は、大きく分けて6種類に分かれています。これが、危険物の類に当たるのです。私たちにとって最も身近な危険物である灯油やガソリンは第4類に指定されています。ちなみに、1類と6類が支燃物、残りが可燃物です。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?