危険物の保管庫、危険物貯蔵所とはどんな施設?特徴をご紹介します。

危険物とは、消防法で定められている火災を発生しやすい物質の総称です。代表的なものにガソリンや灯油などの石油製品があります。危険物を取り扱える資格である危険物取扱者は、社会人にも人気の資格です。取得を目指して勉強に励んでいる方も多いことでしょう。

そこで今回は、危険物取扱者の試験に出題される可能性が高い危険物保管庫の一つ、危険物貯蔵所についてご紹介します。

  1. 危険物に関する基礎知識
  2. 危険物の保管や貯蔵について
  3. 危険物取扱者の資格について
  4. 危険物の保管庫や貯蔵所・資格についてのよくある質問

危険物取の保管庫や貯蔵所はどの試験を受けても出題する可能性があります。危険物取扱者の試験にチャレンジする方や危険物を取り扱っている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.危険物に関する基礎知識

はじめに、危険物に関する基礎知識をご紹介します。危険物とはどのような物質なのでしょうか?

1-1.危険物とは

危険物とは、消防法で定められている火災を発生させやすい物質の総称です。代表的なものに、ガソリンや灯油などの石油製品があります。また、物質そのものは不燃性であっても酸素供給源となって火災を促進させやすい物質も、危険物に指定されるのです。このような物質を支燃物といいます。現在、危険物に指定されているのは固体と液体のみです。プロパンガスやアセチレン性ガスのような可燃性ガスはありますが、消防法上では危険物には含まれていません。だからといって、いい加減に管理をしてよいというわけでなく、高圧ガス保安法やガス事業法など別の法律で管理されています。なお、熱を加えると気体になる危険物がありますが、これは気体に区分されません。

1-2.消防法とは

消防法とは、火災の予防・警戒・鎮圧を目的とした法律です。もう少し具体的に説明をすると、火災によって生命や財産を守るために建物の立て方や消化器・火災報知器などの設置方法、危険物の管理方法を定めています。ビルや商業施設には消火器やスプリンクラーの設置が義務付けられていますが、あれも消防法によって定められているためです。また、消防法を補う決まりを定めている自治体もたくさんあります。

1-3.危険物の種類や分類

消防法によって定められている危険物は、大きく分けて6種類に分かれています。これが、危険物の類に当たるのです。私たちにとって最も身近な危険物である灯油やガソリンは第4類に指定されています。ちなみに、1類と6類が支燃物、残りが可燃物です。

2.危険物の保管や貯蔵について

危険物は販売や輸送される他、製造されたり保管されたりしています。この項では、危険物を保管したり貯蔵したりするとはどのようなことかということをご紹介しましょう。

2-1.危険物を保管するということ

危険物は前述したように燃えやすい、もしくは火災を大きくしやすい物質です。ですから、保管にも十分な注意が必要になります。身近な危険物の例をあげて説明すると、灯油や石油は専用の容器がないと販売してもらえません。また、危険物にはそれぞれ指定数量といううものが定められており、指定数量以上の危険物を保管する場合は消防法に基づいた保管施設で、危険物取扱者による管理が必要です。また、指定数量未満であっても自治体ごとに保管についての決まりごとがあるところは珍しくありません。

ちなみに危険物取扱者試験の勉強をしていると、指定数量の倍数という単語がよく出てきます。これは、危険物の量を指定数量で割ったもので、これが1以上になると消防法の規制対象となるのです。また、複数の危険物を1か所で保管する場合は、それぞれの指定数量の倍数を足していき、1以上になれば規制対象になります。つまり、保管している危険物の種類が多くなるほど規制を受けずに保管できる1種類当たりの量は少なくなるのです。

2-2.危険物を保管する設備について

危険物を取り扱ったり保管したりする施設には、次の3つがあります。

  • 製造所
  • 貯蔵所(保管庫)
  • 取扱所

製造所というのは、文字どおり危険物を製造する場所です。
取扱所というのは、ガソリンスタンドのように危険物を販売する場所やボイラー室のように危険物を一定の量常時保管している場所を指します。ちなみに、ボイラー室などの一般取扱所には指定数量の倍数が30未満という決まりがありますので、覚えておきましょう。

2-3.危険物貯蔵所とはどんな設備?

危険物貯蔵所とは、危険物を製造・販売せずに貯蔵だけをしておく施設を指します。私たちに一番おなじみの危険物貯蔵所はタンクローリーです。タンクローリーは消防法では移動タンク貯蔵所といい、運転をするには危険物取扱者の同乗が必要になります。もちろん運転手が資格を所有していても大丈夫です。この他、貯蔵所には

  • 屋内貯蔵所
  • 屋外貯蔵所
  • 屋内タンク貯蔵所
  • 屋外タンク貯蔵所
  • 地下タンク貯蔵所
  • 簡易タンク貯蔵所

があり、それぞれ一定の条件を満たしていないと貯蔵所とは認められません。なお、貯蔵所では危険物を販売することは不可能です。

2-4.危険物貯蔵所における危険物取扱者の役割

危険物貯蔵所を有する施設は、必ず危険物取扱者の選任が必要です。また、一定量以上の危険物を保管している屋内外貯蔵所や屋内外タンク貯蔵所、数量に関わらずすべての地下タンク貯蔵所・移動タンク貯蔵所は年に一度の定期点検が義務付けられています。定期点検を行えるのは、危険物取扱者・危険物施設保安員です。点検結果は3年間保管しなければなりません。なお、危険物取扱者の立ち合いがあれば無資格者でも点検が行えます。

3.危険物取扱者の資格について

この項では、危険物取扱者の資格試験についていろいろとご紹介しましょう。資格取得を目指す方はぜひ参考にしてください。

3-1.危険物取扱者とは

危険物取扱者とは、危険物の取扱・無資格者への立ち合いができる資格です。甲・乙・丙の三種類があり、このうち丙は第4類危険物の中のうち特定の危険物について取り扱いだけができ、立ち合いはできません。そのため、危険物取扱者の資格取得を目指す方のほとんどが甲か乙にチャレンジします。

危険物取扱者甲種は、すべての危険物を取り扱ったり無資格者の立ち合いができたりする資格です。受験するには一定の学歴や乙種を取得した上での実務経験が必要になります。

乙種は、合格した類の危険物の取り扱いや無資格者の立ち合いができる資格です。最も受験者の多い危険物乙四とは、乙種4類を指します。受験資格はなく、誰でも受験が可能です。また、甲種も乙種も6か月以上の実務経験があれば危険物保安監督者になることができます。

3-2.試験について

危険物取扱者の資格を取得するには、国家試験を受けて合格する必要があります。試験は1年に4回~12回実施され、東京や大阪などの大都市ではほぼ月1回受けることができるのです。試験科目は法令・物理と化学・危険物の性質・火災の予防や消火方法の3科目になります。
ちなみに、乙種を1種類でも取得しており他の乙種を受験する場合は、法令と化学・物理は免除されるので、試験が楽になるでしょう。

試験を受けたい場合は、最寄りの消防署で受験票をもらって郵送をするか、インターネット経由で申し込みをします。申し込み先は、消防試験センターです。こちらで試験の日程や会場なども全部チェックできますので、試験にチャレンジする方は必ず目を通しておきましょう。

3-3.勉強方法について

危険物取扱者の試験勉強方法は、ほぼ暗記です。ですから、テキストの内容さえ暗記しており各科目60%以上の問題ができていれば合格できます。とはいえ、ただ暗記をするのも大変です。おすすめは、過去問をくり返して解くこと。危険物取扱者の試験は過去問からよく似た問題が出されることも多いため、過去5年分の問題を解きながら勉強していれば独学でも合格できるでしょう。

独学では勉強が難しいという場合や、甲種にチャレンジしたい場合は通信教材がおすすめです。テキストや模擬問題集がセットになっているので、効率的に勉強できます。また、講義形式のDVDがついているものもあるので、目で見て耳で聞いて勉強することも可能です。ただテキストを読むだけでは理解が難しいという方も、これなら勉強がはかどりますね。また、通信教材を利用するとメールを使って質問も可能です。特に、甲種を受験する方は質問ができると分からないところを即解決できるので、重宝するでしょう。

4.危険物の保管庫や貯蔵所・資格についてのよくある質問

Q.危険物貯蔵所に数量制限はないのですか?
A.基本的にはありません。しかし、狭いところに限界を超えて危険物を保管することはできないので注意が必要です。

Q .ガソリンスタンドは貯蔵所になぜ当たらないのでしょうか?
A.ガソリンスタンドは、確かにガソリンや灯油を貯蔵していますが、同時に販売も行っています。危険物貯蔵所は、あくまでも危険物を貯蔵しておく場所です。そのため、ガソリンスタンドは取扱所に分類されます。

Q.製造所と貯蔵所は大抵ワンセットになっているのでしょうか?
A.製造所のすぐ近くに貯蔵所がある場合もありますが、離れた場所に保管することもあります。

Q.有資格者1人で、複数の施設を管理することはできるのでしょうか?
A.できません。基本は1施設に1人必要です。

Q.危険物取扱者乙種でも6種類すべて取得すれば甲種と同じでしょうか?
A.はい、取り扱える危険物は同じになります。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は危険物貯蔵所についていろいろとご説明しました。危険物取扱者の資格試験に初めてチャレンジする方は、危険物の特徴などを覚えるのが精いっぱいと思う方もいるかもしれません。しかし、危険物の保管についてもよく試験問題に出ますので、取扱所とごっちゃにならないようにそれぞれの特徴をよく覚えておきましょう。貯蔵所では販売を行えないと覚えておくといいですね。また、危険物取扱者はたとえ点検の義務がない施設であっても、管理のための定期点検は忘れずに行いましょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?