危険物の性状や品名とは?危険物の基礎知識や覚え方のコツ

危険物とは、消防法で定められている火災を起こしやすい物質の総称です。私たちの身近にあるものでは、ガソリンや灯油が指定されています。これら危険物を一定量以上扱ったり保管したりする際に必要な資格が、危険物取扱者です。社会人にも人気の資格なので、取得を目指して勉強中の方も多いことでしょう。

そこで、今回は危険物の性状や品名についてご紹介します。

  1. 危険物についての基礎知識
  2. 危険物の性状とは?
  3. 危険物取扱者乙種4類について
  4. 危険物の性状や品名に関するよくある質問

性状や品名は危険物取扱者の試験を受けるためには必ず覚えなければならないものです。勉強中の方はこの記事を読んで自分の知識を再確認してみてください。

1.危険物についての基礎知識

はじめに、危険物の基礎知識についてご紹介します。危険物とはどのような定義を持つものでしょうか?

1-1.危険物とは?

危険物とは、前述したように消防法で定められている火災を発生させる可能性の高い物質の総称です。危険物は大きく分けて可燃物と支燃物に分けられます。可燃物とは、文字どおり物質自体が燃えやすいものです。支燃物とは、物質自体は不燃性ですが酸素供給源となって可燃物の燃焼を促進させる効果があります。現在のところ、危険物は液体と固体が指定されており可燃性のガスは危険物には分類されていません。

1-2.危険物の種類とは?

危険物は性質ごとにまとめられ、6種類に分類されています。ちなみに、1類と6類が支燃物で、残りの4つが可燃物です。危険物取扱者の資格は甲・乙・丙の3種類に分かれていますが、甲類は危険物をすべて取り扱うことができます。乙類は取得した類の危険物を取り扱うことができ、丙類は4類に分類されている物質のうち特定のものだけを扱うことができる資格です。

1-3.指定数量について

危険物に定められている物質であっても、少量ならば無資格の方が扱っても問題ありません。ですから、灯油やガソリンも販売できます。危険物にはそれぞれ指定数量というものが定められており、それを超えた量の危険物を取り扱ったり保管したりする際に危険物取扱者の資格が必要です。

また、自治体によっては危険数量未満でも一定量の危険物を保管する際は、保管場所などに決まりを定めていることもあるので、危険物を保管したり取り扱ったりする場合は自治体の条例にも目を通しておきましょう。

複数の危険物を保管する場合は、危険物の量を指定数量で割った数を足したものが1未満であれば無資格者でも大丈夫です。つまり、取り扱ったり保管したりする危険物の種類が多くなるほど、取り扱うことのできる1種類当たりの量が少なくなります。

1-4.保管方法についての決まり

危険物は少量でも、保管できる入れ物が決まっているものがたくさんあります。ガソリンや灯油も、専用の容器でなければ販売してもらえません。指定数量を超えた危険物を保管したり移動したりする場合は、消防法で定められたやり方で行う必要があります。危険物の保管庫については危険物取扱者の試験にも出題されますので、よく覚えておきましょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?