給油取扱所の基準を学ぶ!~危険物取扱者を受験するにあたって~

給油取扱所の基準について解説しましょう。給油取扱所とは、いわゆるガソリンスタンドのことです。危険物取扱者の資格取得を目指しているなら、その基準や目的などを知っておかなければなりません。特に危険物取扱者乙4種を持っていると給油取扱所で働くことができますし試験にもその関連問題が出題されるでしょう。比較的取得しやすい資格と言われていますが、しっかり準備をして一発合格を目指してください。この記事では、給油取扱所の必要性や危険物取扱者の試験内容などをまとめてご紹介しています。

  1. 給油取扱所について
  2. 給油取扱所の基準
  3. 危険物取扱者について
  4. 給油取扱所と危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読むことで、危険物取扱者が知っておくべき給油取扱所の基準についてわかります。ぜひ参考にして資格取得を目指しましょう。

1.給油取扱所について

まずは、給油取扱所の目的や消防法との関連について解説します。

1-1.給油取扱所とは?

給油取扱所は、一般的に言う「ガソリンスタンド」のことです。消防法では「給油取扱所」と呼ばれます。主にガソリンや軽油などのエンジン用燃料を販売しており、その構造や設置の基準については消防法で細かく規定されているのです。営業中は、甲種または乙種4類の危険物取扱者が常駐する必要があります。

1-2.なぜ必要なのか? 目的は?

エンジン用の燃料として使われるガソリンや軽油は危険物に該当します。その危険物を扱う場所である給油取扱所は、安全な環境でなければならないのです。給油取扱所はそのために環境が整えられた場所であり、安全な給油を行う上で必要不可欠と言えるでしょう。

1-3.消防法について

消防法は火災による被害軽減を目的として作られた法律です。消防法で定められた危険物には、以下のようなものがあります。

  • 火災発生の危険が大きいもの
  • 火災が発生した場合、拡大する危険が大きいもの
  • 消火が難しいもの

具体的には、ガソリンや灯油・軽油のほか、カリウムやナトリウムなどの自然発火性物質、塩素酸塩類や過塩素酸塩類などの酸化性固体なども危険物に該当します。こうした危険物の貯蔵や取り扱い、運搬方法などにおいては、消防法で細かく規制が定められているのです。給油取扱所の設置や構造についても、消防法に基づく基準が決められています。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?