危険物取扱者乙4を取得していると就職に有利?資格を取る方法とは?

危険物取扱者とは、消防法で指定されている危険物の取扱・保管・監督ができる資格です。中でも乙種4類、通称乙4は人気が高く、危険物取扱者の代名詞のようになっています。乙4は私たちにとって一番身近な危険物であるガソリンや灯油といった引火性の液体を扱うことができるため、資格を生かして働ける職場も豊富です。

そこで、今回は危険物取扱者乙4を取得している方の就職事情などをご紹介しましょう。

  1. 危険物取扱者乙種4類の就職事情
  2. 乙4の有資格者向け求人の探し方
  3. 危険物取扱者乙種4類を取得する方法
  4. 危険物取扱者乙種4類の勉強方法について
  5. おすすめの参考書
  6. 危険物取扱者乙4に関するよくある質問

就職や転職に資格がどのくらい有利に働くかが分かれば、勉強する気力もアップします。危険物乙4の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

1.危険物取扱者乙種4類の就職事情

はじめに、危険物乙4を取得していると就職に有利な職種や職場をご紹介します。どのような職場が有資格者を求めているのでしょうか?

1-1.乙種4類を取得したら扱える危険物とは?

危険物取扱者乙種4類を取得すれば、消防法によって危険物に指定されている引火性液体を取り扱うことができます。引火性液体とは、ガソリンや灯油といった石油製品やアルコール・潤滑油などです。私たちの身近に最も多く存在する危険物といえるでしょう。特に、ガソリンや灯油などの石油製品は車や機械類・暖房などの燃料にも利用されています。

1-2.乙種4類の有資格者を求めている職場とは?

乙種4類を取得すると、引火性液体を指定数量以上保管したり取り扱ったりしている場所で、危険物の取り扱いや管理・保管に携わることができます。最も有名な場所といえば、ガソリンスタンドです。ガソリンスタンドには、必ず危険物取扱者がいなければなりません。セルフのガソリンスタンドでも同様です。

この他、暖房の燃料や製品を作る材料として大量の石油製品を保管してある場所や、石油コンビナートでも危険物乙種4類の有資格者の需要があります。

1-3.乙4の有資格者の職務

危険物取扱者の資格を生かして就職した場合、危険物の管理や取り扱い・監督などの仕事を担います。危険物を取り扱うこと自体は、無資格者でも行えますが、必ずそばで危険物取扱者の有資格者が監督していなくてはなりません。セルフサービスのガソリンスタンドも、有資格者が敷地内で給油の様子を見ているからこそ、利用者が自分で給油できるのです。

また、ビルを管理する職務の一環として、危険物の管理を行うこともあります。ビルの中には、暖房の燃料として大量の灯油を備蓄しているところもあるのです。そのため、危険物取扱者の選任が必要なところもあります。

1-4.資格手当や需要について

危険物取扱者の資格を取得すると、資格手当がつく職場は多いでしょう。また、ガソリンスタンドのように石油製品を販売している場所以外にも、指定数量を超える引火性液体を保管している場所は、有資格者の需要があります。タンクローリーを運転する際も、危険物取扱者の同乗が必要です。ですから、皆様が思っている以上に有資格者の需要はあります。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?