【必見】危険物取扱者の資格を薬剤師が取得するメリットとは?

国家資格である危険物取扱者と薬剤師の2つは、意外と身近な資格でもあります。薬剤師が取得できる資格は多く、その中には危険物取扱者も含まれているのです。薬剤師として働く中で危険物を扱いたい方は、資格の基本情報や資格内容を把握しておかなければなりません。危険物取扱者と薬剤師の資格には、一体どのような関係があるのでしょうか。

そこで本記事では、それぞれの資格概要や関係性・両方を取得するメリットなどについて詳しく説明します。

  1. 危険物取扱者資格とは
  2. 薬剤師について
  3. 危険物取扱者資格と薬剤師資格について
  4. 危険物取扱者資格と薬剤師資格の両方を持つメリット
  5. 危険物取扱者と薬剤師に関してよくある質問

この記事を読むことで、薬剤師が危険物取扱者の資格を取得するために必要な情報を得ることができます。ぜひチェックしてください。

1.危険物取扱者資格とは

危険物取扱者と薬剤師の関係について知る前に、それぞれの資格概要をしっかり把握しておかなければなりません。ここでは、危険物取扱者の目的や職務・種類・メリットなどについて説明します。

1-1.概要

消防法において、火災の危険性が高い物質をまとめて危険物と呼んでいます。危険物の取り扱いや保管・管理は、専門知識を持つ有資格者がおこなわなければなりません。その有資格者が「危険物取扱者」です。危険物取扱者は一定数量以上の危険物を貯蔵し、取り扱う場所に置かなければなりません。たとえば、化学工場やガソリンスタンド・石油貯蔵タンク・タンクローリーなどの施設があげられます。

1-2.目的・職務

危険物は扱い方を少しでも誤ると、火災・爆発などの大惨事を引き起こしてしまいます。燃焼性が高く爆発する危険のあるものを安心・安全に保管・扱うためにも危険物取扱者が必要不可欠なのです。また、取り扱い方や法規制などの知識も持っているため、施設にいる従業員へ適切な指示もできます。主な職務は、危険物の取り扱い・定期点検・保安監督です。

1-3.種類

危険物取扱者の資格には、甲種・乙種・丙種(へいしゅ)の3種類があります。それぞれの資格によって取り扱いができる危険物が異なるため、注意しておかなければなりません。資格別の取り扱い可能な危険物は以下のとおりです。

  • 甲種:全種類の危険物
  • 乙種:第1類~第6類までの類目
  • 丙種(へいしゅ):ガソリン・灯油・軽油・重油など

1-4.メリット

危険物を扱う場所では必要なので就職・転職に役立つ資格です。安定した資格かつ将来性も十分にあります。最初は丙種(へいしゅ)を取得し、後に甲種を取得して扱える危険物を増やしていく方もたくさんいるのです。やる気や努力しだいでスキルアップが目指せるでしょう。また、資格手当を支給している職場もあり、給与面でも資格取得のメリットがあります。

1-5.危険物の種類について

危険物取扱者が扱う危険物の種類は第1類~第6類にわかれています。具体的な種類は以下のとおりです。

  • 第1類:酸化性固体(塩素酸塩類・よう素酸塩類・亜塩素酸塩類など)
  • 第2類:可燃性固体(硫化りん・硫黄・鉄粉・マグネシウムなど)
  • 第3類:自然発火性物質および禁水性物質(カリウム・ナトリウム・アルキルアルミニウムなど)
  • 第4類:引火性液体(ガソリン・アルコール類・灯油・軽油・重油など)
  • 第5類:自己反応性物質(有機過酸化物・ニトロ化合物・ヒドロキシルアミンなど)
  • 第6類:酸化性液体(過塩素酸・硝酸・過酸化水素など)

危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?