危険物取扱者志望の方必見!管理基準や取り扱い方を解説!

危険物とは、消防法で定められた火災を発生させる可能性の高い物質の総称です。ガソリンや灯油など、私たちの生活に欠かせないものも危険物に指定されています。危険物は消防法によって取り扱い方法や管理基準が定められており、危険物を取り扱ったり保管したりする際には必ず守らなければなりません。また、危険物取扱者の試験にも管理基準に関する問題は出題されます。

そこで、今回は危険物の管理基準や取り扱いの決まりについてご紹介しましょう。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物の管理基準について
  3. 危険物の管理基準に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物の管理基準や取り扱い方法がよく分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.危険物の基礎知識

危険物の管理基準などをご説明する前に、危険物とはどのような物質かということなどをご紹介します。危険物にはどのようなものが指定されるのでしょうか?

1-1.危険物の定義

危険物とは、前述したように消防法で定められた火災を起こす可能性が高い物質のことです。物質自体に引火性や発火性がある物質の他、物質が酸素供給減となり、他の物質の燃焼を促進させる効果がある物質も「支燃物」として危険物に指定されています。
危険物は現在、常温で液体と固体の状態である物質だけが指定されており、気体の危険物はありません。
都市ガスやLPガスは引火性がある物質ですが、別の法律で規制されているため、危険物には指定されていませんので注意しましょう。

1-2.危険物の種類や分類

危険物は、特徴や状態によって1類~6類までに分類されています。第1類と第6類は支燃性の物質で、残りは可燃性の物質です。第5類には、支燃性の物質と可燃性の物質が両方含まれています。危険物取扱者乙種は、取得した類の危険物を取り扱ったり取り扱いの監督をしたりできる資格です。例えば、危険物取扱者の代表格である危険物取扱者乙種4類、通称乙4は第4類だけを取り扱うことができます。

1-3.消防法とはどんな法律?

消防法とは、火災の危険から生命や財産を守るための法律です。消防法は、火災報知機や消化器・避難通路などの設置基準や設置場所も定めています。危険物に関する定義は第2条第7項に記載されており、危険物取扱者の資格試験にもよく出題されるので、必ず覚えておきましょう。
消防法に補足する形で、自治体ごとに独自の火災防止に関する条例が定められていることもあります。危険物取扱者の資格を取得し、危険物の取り扱いや保管に関係する仕事に就いた場合は、自治体の条例もよく確認しておきましょう。

2.危険物の管理基準について

この項では、危険物の管理基準についていろいろとご説明します。資格試験に出ることもありますので、よく覚えておきましょう。

2-1.危険物の管理基準とは何か

危険物は、保管や取り扱いの方法を間違えると火災の危険性があります。危険物は消防法によって、「このように管理しなさい」と保管方法や運搬方法が定められており、これを管理基準と呼ぶのです。管理基準には保管方法の基準・取り扱いの基準・運搬(移動)の基準がありますので、資格試験を受ける方は覚えておきましょう。また、危険物の性質によって保管方法は変わってきますので、そこも覚えておく必要があります。

2-2.危険物の指定数量について

危険物にはそれぞれ指定数量があります。指定数量を超えた量を取り扱ったり保管したりする場合は、危険物取扱者の資格が必要です。指定数量は危険物によって異なりますが、引火性・発火性が高い危険物ほど指定数量が少なくなります。

危険物取扱者の試験勉強をしていると、「指定数量の倍数」という単語をよく目にすることでしょう。これは、危険物の貯蔵量を危険物の指定数量で割った数値です。この数値が1以上の場合は危険物取扱者の資格がなければ取り扱うことができません。ただし、1以下でも自治体によっては条例で規制がかかることがあります。ですから、規定数量の倍数が1に近い場合は、自治体の条例を確認しましょう。
複数の危険物を保管したり取り扱ったりする場合は、それぞれの指定数量の倍数を足します。この数が1以上ですと危険物取扱者の資格がなければ、取り扱いができません。つまり、取り扱う危険物の量が多くなるほど取り扱える危険物1種類当たりの量が少なくなります。

2-3.危険物の貯蔵について

危険物の貯蔵とは、危険物を一定の量ためておく設備です。

  • 屋内貯蔵所
  • 屋外貯蔵所
  • 屋内タンク貯蔵所
  • 屋外タンク貯蔵所
  • 簡易タンク貯蔵所
  • 地下タンク貯蔵所
  • 移動タンク貯蔵所(タンクローリー)

といった種類があります。ちなみに、ガソリンスタンドなどの危険物を販売している場所は取扱所といい、貯蔵所ではありません。よく覚えておきましょう。また、移動タンク貯蔵所はタンクローリーだけが該当します。危険物を指定された容器に入れ、通常のトラックで運ぶ行為は運搬に当たりますので、これも覚えておいてください。貯蔵所がある施設は、危険物取扱者がそれを管理する必要があります。タンクローリーを運転する場合は、危険物取扱者の有資格者が同乗するか、運転手が有資格者であることが必要です。

2-3-1.貯蔵所とタンク貯蔵所の違い

危険物の貯蔵所というのは、危険物を指定された容器に入れて貯蔵しておく施設です。タンクというのは、危険物をその中に入れて保管しておくものになります。貯蔵所の方がより多くの危険物を貯蔵できますが、屋外貯蔵所には制限がありますので注意しましょう。
貯蔵所は危険物を材料にして製品を製造する工場や、危険物を製造する工場などにあるのが一般的です。タンク貯蔵所は、暖房などの燃料用としてビルや学校・商業施設などに備えてあるところもあります。

2-3-2.貯蔵所について覚えておくべきこと

貯蔵所にはそれぞれ基準があります。その基準をよく覚えておきましょう。試験に出ることもあります。

2-4.危険物取扱所について

危険物取扱所とは、給油取扱所・販売取扱所・移送取扱所の3種類があります。貯蔵所との違いは、取り扱っている危険物の量と販売の有無です。

2-4-1.給油取扱所とは?

給油取扱所とは、いわゆるガソリンスタンドのことです。位置・構造・設置の基準があり、それを満たしていないと給油取扱所として認められません。最近は自分で給油をする方式のガソリンスタンドも増えてきましたが、必ず危険物取扱者の選任と常駐が必要です。ちなみに、灯油の販売も給油取扱所扱いになります。

2-4-2.販売取扱所とは?

販売取扱所とは、危険物を容器ごと販売する場所のことです。ガソリンや灯油のように容器を持参しても、小分けして販売することはできません。塗料などを販売するお店がこれに該当します。指定数量15以下を取り扱う販売所を第1種・15以上40未満ならば第2種販売所になりますので、覚えておきましょう。
こちらも、建物の位置と構造に決まりがあります。

2-4-3.移送取扱所とは?

移送取扱所とは、パイプラインで危険物を移送する場所のことです。石油コンビナートなどが該当します。こちらもトンネル内に設置してはならないという決まりがありますので、よく覚えておきましょう。

2-5.危険物の運搬と移送について

危険物の運搬とは、危険物を専用の容器に入れて別の場所へ運ぶことです。この場合、指定数量以下ならば危険物取扱者の資格を持っていなくても、運搬ができます。移送とは、タンクローリーで危険物を運ぶことです。この場合は危険物取扱者の資格が必要ですので、この違いをよく覚えておきましょう。ちなみに、移送の場合は指定数量未満であっても消防法の適用を受け、危険物取扱者の同乗が必要です。

2-5-1.移送の基準について

危険物を移送する場合は、タンクローリーなどの専用車両が必要です。1人で運転をする場合は4時間未満までであり、4時間を超える場合や、1日当たりの運転が9時間を超える場合は、2人の運転手が必要になります。
また、空気に触れると発火の危険性があるアルキルアルミニウム等を搬送する場合は、搬送経路の消防機関に届け出が必要です。なお、危険物を移送する場合、危険物取扱者は必ず免許を携帯しましょう。コピーを携帯していても、免許とは認められません。

2-5-2.運搬の基準について

危険物を運搬する場合は、必ず危険物と反応しないものを用いてください。一例を挙げると、ガラスやアルミ製の容器です。灯油の場合は樹脂製の容器ですが、これが専用のものなので構いません。家庭で使う灯油をガソリンスタンドで購入し、車で家に運ぶというケースも運搬に当たります。必ず専用の容器を用いましょう。
危険物を運搬する場合は、容器の外側に品名や危険等級等の定められた項目を記載します。また、収納口を上に向け、高さ3m以下で積んでください。
指定数量の十分の一以下ならばどのような危険物も一緒に運搬することができますが、それを超えると混載禁止の危険物が出てきます。まず、類の数を足して7にならない危険物同士は搭載できません。第1類と第2類などの混載は不可です。第4類に限り、足して7・6・9になる数の危険物は混載できます。つまり、第4類は第2類・第6類・第3類とだけ混載可能です。こうやって覚えておくと忘れません。
指定数量以上の危険物を運搬する場合は、消火設備を備えて0.3m四方の板に黒字に黄色で「危」の文字を書いた看板を取りつけます。これは、ホームセンターなどにも販売されているので利用しましょう。

3.危険物の管理基準に関するよくある質問

Q.危険物は少量でしたら特に注意は必要ありませんか?
A.ガソリンや灯油など引火性の高い物質は、少量でも取り扱いに注意しましょう。特にガソリンは長期間保存する場合は缶詰になったものでなければ危険です。

Q.危険物販売所というのは、ホームセンターなどでも該当するのでしょうか?
A.危険物に指定されている物質を含んだ品物を多量に扱う場所はすべて該当します。ホームセンターには塗料がたくさん売られていますが、含まれている危険物の量が少なければ該当しません。

Q.灯油やガソリンを防災のために備蓄しておくのは、貯蔵に当たるのでしょうか?
A.指定数量以下ならば無資格でも保管しておけます。ただし、品質に問題なく保管しておけるにっうには限りがありますので注意しましょう。

Q.ガソリンスタンドは地下にタンクがありますが、それは貯蔵所に当たりませんか?
A.ガソリンスタンドは職種そのものが取扱所に指定されているので、取扱所の基準が適応されます。貯蔵所ではありません。

Q.タンクローリーはたとえ空っぽでも、危険物取扱者の同乗が必要ですか?
A.空のタンクローリーを移動するだけでしら同乗の必要はありません。

4.おわりに

いかがでしたか? 今回は、危険物の管理基準や取り扱いについてご紹介しました。危険物取扱所の資格試験には管理基準に関する問題も出題されますので、よく覚えておきましょう。また、危険物は類によって保管容器が定められており、それ以外で保管することができないものもあります。さらに、保管場所も決められているものも珍しくありません。それらもよく覚えておいてください。特に、甲種を受験する方や複数の類を受験する方は、保管方法などがごっちゃにならないように注意しましょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?