危険物取扱者志望の方必見!管理基準や取り扱い方を解説!

危険物とは、消防法で定められた火災を発生させる可能性の高い物質の総称です。ガソリンや灯油など、私たちの生活に欠かせないものも危険物に指定されています。危険物は消防法によって取り扱い方法や管理基準が定められており、危険物を取り扱ったり保管したりする際には必ず守らなければなりません。また、危険物取扱者の試験にも管理基準に関する問題は出題されます。

そこで、今回は危険物の管理基準や取り扱いの決まりについてご紹介しましょう。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物の管理基準について
  3. 危険物の管理基準に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物の管理基準や取り扱い方法がよく分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.危険物の基礎知識

危険物の管理基準などをご説明する前に、危険物とはどのような物質かということなどをご紹介します。危険物にはどのようなものが指定されるのでしょうか?

1-1.危険物の定義

危険物とは、前述したように消防法で定められた火災を起こす可能性が高い物質のことです。物質自体に引火性や発火性がある物質の他、物質が酸素供給減となり、他の物質の燃焼を促進させる効果がある物質も「支燃物」として危険物に指定されています。
危険物は現在、常温で液体と固体の状態である物質だけが指定されており、気体の危険物はありません。
都市ガスやLPガスは引火性がある物質ですが、別の法律で規制されているため、危険物には指定されていませんので注意しましょう。

1-2.危険物の種類や分類

危険物は、特徴や状態によって1類~6類までに分類されています。第1類と第6類は支燃性の物質で、残りは可燃性の物質です。第5類には、支燃性の物質と可燃性の物質が両方含まれています。危険物取扱者乙種は、取得した類の危険物を取り扱ったり取り扱いの監督をしたりできる資格です。例えば、危険物取扱者の代表格である危険物取扱者乙種4類、通称乙4は第4類だけを取り扱うことができます。

1-3.消防法とはどんな法律?

消防法とは、火災の危険から生命や財産を守るための法律です。消防法は、火災報知機や消化器・避難通路などの設置基準や設置場所も定めています。危険物に関する定義は第2条第7項に記載されており、危険物取扱者の資格試験にもよく出題されるので、必ず覚えておきましょう。
消防法に補足する形で、自治体ごとに独自の火災防止に関する条例が定められていることもあります。危険物取扱者の資格を取得し、危険物の取り扱いや保管に関係する仕事に就いた場合は、自治体の条例もよく確認しておきましょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?