化学工場に就職するには危険物取扱者が有利? 役立つ資格を徹底解説

化学工場とは、化学物質を取り扱う工場全般を指す言葉です。化学薬品を製造したり化学物質を含んだ製品を製造したりする工場はもちろんのこと、顔料や塗料などを製造する工場も化学工場に含まれます。化学工場では、取り扱うのに資格が必要な物質を使用することも多く、危険物取扱者や高圧ガス製造保安責任者などの有資格者を求めているところも多いのです。

そこで、今回は化学工場に就職したり転職したりする際、取得しておくと有利な資格をご紹介しましょう。

  1. 化学工場とは?
  2. 化学工場で働くために必要な資格とは?
  3. 危険物取扱者を取得する方法や勉強法について
  4. 危険物取扱者とはどのような資格?
  5. 化学工場に勤めるために必要な資格についてのよくある質問

この記事を読めば、化学工場に勤める際に有利になる資格の種類や取得の仕方が分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指す方も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.化学工場とは?

化学工場とは、前述したように化学物質を製造したり化学物質を含んだ製品を製造したりする工場です。このように説明するととても危険な工場に思われるかもしれませんが、化粧品や塗料・肥料や接着剤などを製造する工場も化学工場に分類されます。また、高圧ガスを製造する工場も化学工場にあたるのです。大規模なものから小規模なものまで、私たちの身近にはたくさんの化学工場があり、求人も1年を通して行われています。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?