危険物の屋内貯蔵所とはどんな場所? タンクとの違いは? 徹底解説!

危険物とは、消防法で定められた火災を発生させる可能性の高い物質の総称です。私たちの身近にあるものでは、ガソリンや灯油が危険物に指定されています。一定の量以上の危険物を取り扱ったり保管したりする場合は、危険物取扱者という国家資格が必要です。

危険物を保管する場所にはいろいろありますが、今回はその中の屋内貯蔵所についてご紹介しましょう。

  1. 危険物の屋内貯蔵所とは?
  2. 屋内貯蔵所の基準について
  3. 屋内貯蔵所の点検などについて
  4. 危険物を保管する際の注意点
  5. 屋内貯蔵所に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物を屋内で安全に貯蔵する方法や危険物取扱者の役割も分かります。危険物取扱者の資格取得を目指す方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.危険物の屋内貯蔵所とは?

危険物の屋内貯蔵所とは、文字どおり危険物を屋内で容器ごと取り扱ったり保管したりするための施設です。ちなみに、屋内に専用のタンクを置き、その中に危険物を保管する場合は屋内タンク貯蔵所となり、屋内貯蔵所とは別ものとして区別されています。
また、屋内貯蔵所はあくまでも危険物を取り扱ったり保管したりする施設です。危険物を屋内で容器のまま販売する場所は、販売取扱所といい、これも屋内貯蔵所と区別されます。
危険物の屋内貯蔵所は、消防法によって構造の基準と設備の基準が定められているのです。それを次の項で詳しくご紹介しましょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?