保有空地や保安距離って何? 危険物製造所などの基準を解説します。

危険物とは、消防法で定められている火災を発生しやすい物質の総称です。一定量を超えた危険物を取り扱ったり保管したりする場合は、危険物取扱者という資格が必要になります。また、危険物を保管したり取り扱ったりする場所は、消防法に基づいて保有空地を設けなければならないところもあるのです。

そこで、今回は危険物を保管したり取り扱ったりする場所に設ける保有空地やその他の基準についてご説明します。

  1. 危険物の保有空地とは何か?
  2. 危険物の保有空地を設けなければならない施設とは?
  3. 保安距離とは?
  4. 万が一火災が発生したら?
  5. 危険物の保有空地に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物の保管場所についての決まりも分かるでしょう。危険物の製造所等で働いている方や危険物取扱者の資格取得を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物の保有空地とは何か?

危険物とは、前述したように火災を発生しやすい物質の総称です。身近なところでは、ガソリンや灯油などが指定されています。危険物は、保管する容器や場所などにも細かい決まりがあり、火災や爆発事故を防いでいるのです。しかし、いくら保管をしっかりと行っていても、人為的なミスや災害などで火災が発生することもあります。万が一火災が発生した際、消火活動をスムーズに行い延焼を防ぐために、危険物を保管してある建物やタンクの周りに保有空地を設けることが定められているのです。

また、危険物を保管したり取り扱ったりする施設は、特定の建物から一定の距離を取らなければならないものもあります。この距離を保安距離といい、危険物取扱者の試験を受ける方は必要な施設や距離などを覚えておきましょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?