危険物保安監督者の選任・届出義務とは?危険物取扱者との違いは何?

危険物保安監督者とは、危険物の取扱作業において保安の監督業務を行う者のことをいいます。消防法で特定の施設に選任が義務づけられており、危険物施設保安員を支持して危険物の製造所や貯蔵所の安全点検なども行うことが可能です。危険物取扱者の資格を取得した後に、危険物保安監督者を目指して実務経験を積む方も多いことでしょう。

そこで、今回は危険物保安監督者の届出義務や選任義務について解説します。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?