危険物保安監督者の選任・届出義務とは?危険物取扱者との違いは何?

危険物保安監督者とは、危険物の取扱作業において保安の監督業務を行う者のことをいいます。消防法で特定の施設に選任が義務づけられており、危険物施設保安員を支持して危険物の製造所や貯蔵所の安全点検なども行うことが可能です。危険物取扱者の資格を取得した後に、危険物保安監督者を目指して実務経験を積む方も多いことでしょう。

そこで、今回は危険物保安監督者の届出義務や選任義務について解説します。

  1. 危険物って何?
  2. 危険物保安監督者について
  3. ​危険物保安監督者の選任と届出について
  4. 危険物取扱者を取得する方法について
  5. 危険物保安監督者に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物保安監督者になる方法もよく分かることでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物って何?

危険物とは火災を発生させる可能性が極めて高い物質の総称であり、消防法によって指定され、保管方法や移動方法が規制されています。一例をあげると、ガソリンや軽油・灯油などです。
危険物には物質自体が発火したり引火したりする可燃物と、酸素供給源になって火災を発生させる支燃物の2種類があります。これらの物質はすべて固体か液体です。天然ガスなどの気体は高圧ガス保安法という別の法律で規制されているため、危険物には指定されていません。

危険物は、その性質に合わせて1類~6類に分類されています。また、それぞれに指定数量が決められており、指定数量を超えた危険物を取り扱ったり保管したりするためには、危険物取扱者の資格が必要です。自治体によっては、指定数量以下でも危険物取扱者の有資格者が危険物を取り扱うように条例で定めているところもあります。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?