危険物の処分法について知りたい! 家庭内にはどんな危険物がある?

家庭内で普通に使っているものの中にも、実は危険物と呼ばれるものがたくさんあります。これらが不要になったとき、どのように処分すればよいのでしょうか? 万一の事故を防ぐためにも、どのようなものが危険物になるのか、きちんと把握しておかなければなりません。危険物について知り、適切な処分方法を知識として身につけましょう。

この記事では、家庭の中にはどんな危険物があるのか? 危険物の処分方法・取り扱い時の注意点などについて説明します。安心した生活を送るるためにも、ぜひチェックしてくださいね。危険物の処分法が知りたい人は必見です。

  1. 家庭内にある危険物にはどんなものがある?
  2. 危険物の処分方法は?
  3. 危険物を取り扱うときの注意点
  4. まとめ

1.家庭内にある危険物にはどんなものがある?

危険物とはどのようなものか、また、家庭内にある危険物について説明します。普段生活している中には、どのような危険物が潜んでいるのでしょうか。危険物による事故を防ぐためにも、家庭内にある危険物を把握してくださいね。

1-1.そもそも危険物とは?

「危険物」とは、消防法で定めている危険物のことを指しています。詳しく説明すると、消防法で定めている危険物と毒物および劇物取締法で定めている危険物になるでしょう。一般的に、日本での危険物は、消防法の危険物になることを覚えておいてください。

消防法で指定している危険物は、性質によって第1類・第2類・第3類・第4類・第5類・第6類に分類されています。

第1類は酸化性固体、第2類は可燃性固体、第3類は禁水性物質、第4類は引火性物質、第5類は自己反応性、第6類は酸化性液体です。きちんと正しい方法で取り扱わなければ、事故の恐れがあるので注意しなければなりません。では、家庭内にある危険物とは、どのようなものがあるのでしょうか。

1-2.ガソリン・灯油などの燃料系

自動車を持っている家庭なら必ず触れる液体である「ガソリン」は、第4類の危険物です。第4類は引火性物質であり、特殊引火物・第1~4石油類・動植物油類が入っています。冬場や寒い地域は、石油ストーブを使う回数が多いでしょう。石油ストーブにおける事故が近年多発しています。引火性物質は、近くに火の気があると引火する恐れがある物質なので気をつけてください。

1-3.動植物油類

ガソリン・灯油系のほかにも、家庭には動植物油類の種類である“天ぷら油”“ナタネ油”“オリーブ油”などがあります。普段の調理で使っている油も、引火する可能性が非常に高い危険物なのです。取り扱いや処分方法には注意しなければなりません。実際に、使用済みの天ぷら油に引火して事故になったというケースも起きているので要注意です。

1-4.その他

ほかにも、家庭内にはさまざまな危険物が潜んでいます。たとえば、アロマオイル、高濃度アルコール飲料、危険物を含んでいるスプレー缶などさまざまです。当たり前に使っているからこそ、危険だという認識が薄れてしまいます。家庭内の危険物による事故が年々増えてきているのもそのためでしょう。

私たちは、危険物を当たり前のように使っているという意識を、常に持っておかなければなりません。家庭内にもさまざまな危険物が潜んでいることを、覚えておいてくださいね。

2.危険物の正しい処分方法は?

2-1.灯油・ガソリンの処分方法

灯油やガソリン・動植物油類などの液体危険物は、正しい方法での処分が大切です。正しく処分しなければ事故につながる危険性があります。灯油やガソリンは、危険物の取り扱いに慣れている“ガソリンスタンド”で処分してもらいましょう。残さずに使う人は多いですが、もし残った場合、そのまま保管することは非常に危険です。

液体でも劣化してしまうため、古い灯油やガソリンを入れてしまうと不完全燃焼の恐れがあります。もったいないと思いますが、安全のためにもガソリンスタンドで処分してください。

2-2.使い終わった調理油の処分方法

使い終わった動植物油類などの調理油は、新聞紙やぼろ布で吸い取り、燃えるごみで出すことができます。そのまま水道に流してしまうのは、環境にも悪影響を及ぼしますので止めましょう。

油を吸い取るとき、非常に強い匂いがするので換気には十分に注意してくださいね。簡単な方法としては、空になった牛乳パックにぼろ布を入れ、使い済みの油類をそそぐというやり方もあります。

2-3.処分に困ってしまう“スプレー缶”の処分方法

ヘアースプレーなど、処分に困りがちなスプレー缶は、どのようにして処分すればよいのでしょうか? スプレー缶は、きちんと正しい方法を把握しておけば簡単に処分できます。ライターやカセットボンベなどの危険物が入っているスプレー缶は、すべてのガスを抜かなければなりません。

以前は缶に穴を開けるのが一般的でしたが、近年のスプレー缶は中身排出機構(ガス抜きキャップ)という装置が付いていますので、安全にガスを抜くことができます。最後まで使い終わった後も「シュー」という音が消えるまで押し続けてガスをすべて抜いてください。この作業は、家の中で行わず、絶対に風通しがよく火の気のない屋外で行うようにしましょう。

3.危険物を取り扱うときの注意点

3-1.危険物はできるだけ早めに処分する

家庭内の危険物を処分は、不要になった時点ですぐに行いましょう。危険物は処分が面倒だと思ってしまいますが、いつまでも家の中に置いておくのは危険です。危険物を入れている容器が劣化し、容器から危険物が漏れることもあるでしょう。引火性の高い気体ならば、いつ引火するのか分かりません。

特に、金属製やプラスチック製の容器は、劣化しやすい特徴を持っているので要注意です。「急に爆発する」「火災が発生する」などの大事故につながる恐れもあります。

3-2.処分方法が分からない場合は相談する

危険物を処分したいけれど、どうしても方法が分からない場合、自治体に相談してください。自治体に相談すると、処分をしている業者を紹介してくれます。処分方法が分からないからと放置するよりは、相談してすぐに処分した方が安心です。処分方法が分からないからと適当に処分しないでください。大事故につながる可能性があります。安心して処分するためにも1人で抱え込まず、相談するようにしてくださいね。

4.まとめ

家庭内にある危険物や危険物の処分方法、取り扱うときの注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか? 危険物は家庭の中にもたくさん潜んでいます。安心して取り扱うためにも、家庭内にある危険物を把握しましょう。そして、正しい方法で処分できるように、知識を身につけてくださいね。

  • 消防法で定めている「危険物」
  • 第1類~第6類までの種類がある
  • ガソリンや灯油系の危険物
  • アロマオイルやスプレー缶、調理油など
  • ガソリンスタンドで処分する
  • 動植物油類は新聞紙やぼろ布で吸い取る
  • スプレー缶はガスをすべて抜き取る
  • 危険物はできるだけ早めに処分する
  • 処分方法が分からない場合は相談する

以上のポイントは、必ず押さえておきましょう。きちんと基礎知識を身につけておけば、不要になった危険物を安全に処分できますよ。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?