危険物取扱者にはどのような需要があるの? 求人や仕事内容とは?

危険物取扱者とは、消防法で指定されている「危険物」の取り扱いや保安監督業務ができる資格です。ガソリンや灯油など私たちの生活になくてはならない物質も危険物に指定されているため、有資格者を求めている職場は皆さんが考えているよりもたくさんあります。また、受験資格が定められていないので、誰でも受験することが可能です。今まで全く危険物と無縁の仕事をしてきた方が、取得にチャレンジするケースも珍しくありません。

そこで、今回は危険物取扱者の需要や求人についてご紹介しましょう。

  1. 危険物取扱者について
  2. 危険物取扱者の需要について
  3. 危険物取扱者の資格を効率よく取得する方法
  4. 危険物取扱者の需要や求人に対するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者を求める職場についてもよく分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物取扱者について

はじめに、危険物取扱者とはどのような資格か、ということを解説します。取得すると、どのような仕事を行うことができるのでしょうか。

1-1.危険物取扱者の概要

危険物取扱者とは、前述したように危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことのできる資格です。危険物とは、消防法で指定されている火災を発生させる可能性が高い物質の総称であり、ガソリンや灯油・軽油も危険物に指定されています。ただし、危険物でも少量ならば、保管したり取り扱ったりするのに資格はいりません。危険物にはそれぞれ指定数量が定められており、指定数量を超えた危険物を保管したり取り扱ったりする場合は、危険物取扱者の資格が必要です。

1-2.危険物取扱者の種類

危険物取扱者には、甲・乙・丙の3種類があります。甲種を取得すれば、すべての危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことが可能です。前項で、危険物取扱者の資格試験は受験資格が定められていないと解説しましたが、甲種だけは大学で科学に関する単位を取得することなど、受験資格が必要になります。

乙種は、危険物の分類と同じ1類~6類まであり、取得した類に分類されている危険物を取り扱うことが可能です。危険物取扱者といえば乙種4類が有名ですが、これを取得すると、危険物第4類に分類されている危険物を取り扱うことができます。

丙種は、危険物4類に指定されている引火性液体のうち、灯油やガソリンなどを取り扱うことができる資格です。丙種は無資格者の監督業務を行うことはできません。

1-3.危険物取扱者を取得する方法

危険物取扱者を取得するためには、消防試験研究センターが主催している試験を受けて合格する必要があります。センターのホームページを見ていただければお分かりになると思いますが、試験はほぼ毎月行われているため、比較的容易にチャレンジが可能です。ただし、合格率は50%前後ですから、しっかり勉強しなければ合格できません。

試験は、センターのホームページからも申し込みが可能です。資格取得を目指している方は、ホームページをチェックしてください。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?