移送取扱所の特徴は何? 他の危険物取扱所との違いは?

移送取扱所とは、危険物を配管やポンプを通じて移送する施設のことです。危険物を移送するための方法の一つですが、日本では設置されている場所はあまりありません。それでも、危険物取扱者の資格試験で設置基準などが出題されることもありますので、資格取得を目指す方は、移送取扱所の特徴などを覚える必要があります。

そこで、今回は移送取扱所の特徴などをご紹介しましょう。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 移送取扱所について
  3. 移送取扱所に対するよくある質問

この記事を読めば、他の取扱所と移送取扱所の違いも分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.危険物の基礎知識

はじめに、危険物の定義や分類などをご紹介します。どのような物質が危険物に定められているのでしょうか?

1-1.危険物って何?

危険物とは、「火災を引き起こす危険性が非常に高い物質」であり、消防法で保管方法や移送方法が定められているものです。私たちの身の回りにある物質では、ガソリンや灯油・軽油などが危険物に指定されています。
危険物は物質自体が発火や引火をしやすい可燃性物質と、物質自体は不可燃性ですが、酸素供給源となる支燃性物質の2種類があり、さらにその中で1類~6類に分類されているのです。
なお、現在のところ、危険物に指定されているのは固体と液体だけであり、天然ガスなどの可燃性気体は別の法律で取り扱い方法などが定められています。

危険物にはそれぞれ指定数量が定められており、それを超える危険物を取り扱ったり保安監督業務を行ったりする場合は、危険物取扱者の資格が必要です。

1-2.危険物の分類について

危険物は、

  1. 酸性固体
  2. 可燃性固体
  3. 自然発火性物質及び禁水性物質
  4. 引火性液体
  5. 自己反応性液体
  6. 酸化性液体

の6種類に分類されています。危険物取扱者には甲種・乙種・丙種の3種類があり、すべての危険物の取り扱いや保安監督ができる丙種、取得した類の危険物の取り扱いや保安監督が行える乙種を取得するのが一般的です。なお、丙種は危険物第4類に指定されている引火性液体のうち、ガソリンや灯油など限られたものの取り扱い業務を行うことができます。

1-3.消防法などについて

消防法とは、火災から人命や財産を守ることを目的に作られた法律です。消防設備の設置基準や点検頻度なども消防法で定められています。危険物に関しては消防法第2条の7項に詳しく述べられていますので、資格取得にチャレンジする方は、目を通しておきましょう。
なお、自治体によっては消防法に基づいて独自の決まりを定めているところもあります。市町村によっては、指定数量未満でも一定量を超える危険物を取り扱っている場所には、危険物取扱者の選任が義務づけられているところもあるでしょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?