危険物の一般取扱所とは? 他の取り扱い場所との違いなどを解説

危険物とは、火災や爆発の原因となりやすい物質の総称です。といっても、すべての可燃物が危険物に指定されているわけではなく、消防法によって特定の物質が危険物として指定されています。身近な物質では、ガソリン・灯油・軽油などです。危険物を取り扱ったり保安監督業務を行ったりできる資格を、危険物取扱者と言います。

今回は、危険物取り扱い施設のうち、一般取扱所について解説しましょう。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物取扱所について
  3. 一般取扱所における危険物取扱者の役割
  4. 一般取扱所のよくある質問

この記事を読めば、一般取扱所以外の取り扱い所の特徴などについても分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?