危険物の一般取扱所とは? 他の取り扱い場所との違いなどを解説

危険物とは、火災や爆発の原因となりやすい物質の総称です。といっても、すべての可燃物が危険物に指定されているわけではなく、消防法によって特定の物質が危険物として指定されています。身近な物質では、ガソリン・灯油・軽油などです。危険物を取り扱ったり保安監督業務を行ったりできる資格を、危険物取扱者と言います。

今回は、危険物取り扱い施設のうち、一般取扱所について解説しましょう。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物取扱所について
  3. 一般取扱所における危険物取扱者の役割
  4. 一般取扱所のよくある質問

この記事を読めば、一般取扱所以外の取り扱い所の特徴などについても分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物の基礎知識

はじめに、危険物の定義や分類・消防法について解説します。危険物とはどのような物質なのでしょうか?

1-1.危険物の定義

危険物とは、保管方法や取り扱い方を注意しないと火災の原因となる可能性が高い物質のうち、消防法が指定しているもののことです。物質自体が可燃性のある「可燃性物質」と、酸素供給源となって火災を起こしやすくする可能性がある「支燃性物質」があり、以下のように分類されています。

  1. 酸化性固体
  2. 可燃性固体
  3. 自然発火性物質および禁水性物質
  4. 引火性液体
  5. 自己反応性物質
  6. 酸化性液体

現在のところ、危険物に指定されている物質は、常温の状態で固体か液体のものだけです。天然ガスのような可燃性ガスは、高圧ガス保安法という法律で保管方法や取り扱い方法が定められているため、危険物ではありません。

1-2.消防法とは?

消防法とは、火災から人命と財産を守るために制定された法律です。消防設備の設置や点検基準なども消防法によって定められています。危険物についての条文は、第2条7項に記されており、危険物取扱者の資格試験にもよく出題されるので覚えておきましょう。

なお、消防法に基づいて独自の条例を定めている自治体もあります。危険物取扱者の資格を取得し、危険物の管理を任されたら消防法だけでなく、自治体の条例も確認しましょう。

1-3.指定数量について

危険物には、消防法によって物質ごとに指定数量が定められています。指定数量未満の危険物を保管したり取り扱ったりするには、資格はいりません。家庭でも灯油やガソリンが保管できるのはそのためです。指定数量は火災の危険が高い物質ほど少なくなっています。また、複数の危険物を取り扱ったり保管したりしたい場合は、その量を指定数量で割ってください。1未満の数字が出るはずですから、それをすべて足します。すべての数字の和が1以上ならば、危険物取扱者の資格がなければ貯蔵や取り扱いはできません。
つまり、危険物の種類が増えるほど、無資格で取り扱える1種類当たりの量は少なくなります。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?