危険物取扱者の年収はどのくらい? 収入アップのコツは?

危険物取扱者とは、危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことのできる国家資格です。ガソリンスタンドで働く際に必要な資格、というイメージを持っている方も多いことでしょう。これ以外にも有資格者を必要としている職場は多く、転職や就職に有利な資格として、人気があります。取得すれば昇給ものぞめるでしょう。また、資格を活かして就職した場合の収入が気になる方も多いと思います。

そこで、危険物取扱者の年収について解説しましょう。

  1. 危険物取扱者の基礎知識
  2. 危険物取扱者の年収について
  3. 危険物取扱者の試験について
  4. 危険物取扱者に対するよくある質問

この記事を読めば、資格を取得すれば収入がどれだけ増加するかも分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物取扱者の基礎知識

はじめに、危険物取扱者とはどのような資格かということを解説します。取得すれば、どのような仕事ができるのでしょうか?

1-1.危険物取扱者とはどのような資格?

危険物取扱者とは、消防法という法律によって定められた「危険物」の取り扱いや保安監督業務を行うことのできる国家資格です。危険物とは、火災を起こす可能性が高い物質の総称で、貯蔵方法や取り扱い方も消防法で決められています。私たちの身近にある危険物としては、ガソリンや軽油・灯油などが有名です。

なお、危険物にはそれぞれ指定数量が定められており、それを超える量を扱ったり貯蔵する場合に、危険物取扱者の資格が必要になります。火災の危険が高い物質ほど指定数量は少なくなりますので、指定数量以上の危険物を貯蔵したり取り扱ったりしている場所は、皆様が思っている以上に多いのです。つまり、それだけ有資格者の需要もあります。

1-2.危険物取扱者の種類

前述したように、危険物取扱者の種類には甲・乙・丙の3種類があります。甲種を取得すれば、消防法で定められたすべての危険物の取り扱いや保安監督を行うことが可能です。乙種は、1~6類まで分かれており、取得した類の危険物を取り扱ったり保安監督業務を行うことができます。丙種は、危険物第4類のうちガソリンや灯油など限られた物質の取り扱いができる資格です。甲種や乙種と異なり、保安監督業務を行うことはできません。

甲種と乙種を取得し、6か月以上の実務経験を積めば、危険物保安監督者になることもできます。

1-3.危険物取扱者を必要としている職場

ここでは、危険物取扱者の選任が必要な職場の一例を紹介します。どのような職場があるのでしょうか?

1-3-1.ガソリンスタンド

危険物取扱者を求めている職場というと、ガソリンスタンドをイメージする方も多いことでしょう。ガソリンスタンドは指定数量以上のガソリンや軽油・灯油などを取り扱っています。ですから、最低1人は危険物取扱者の有資格者が必要です。危険物取扱者の代表格でもある、乙種4類(通称・乙4)を取得すれば、ガソリンスタンドで危険物取扱者として働くことができます。危険物取扱者の資格試験の中で、乙4だけ受験者が多いのは、それだけ危険物第4類を扱っている会社もたくさんあるからです。

1-3-2.工場

危険物を製造している工場・危険物を原料として製品を作っている工場・でも有資格者を求めています。工場では、取り扱っている危険物の種類もたくさんあるため、乙種の場合は複数の類を取得しておくと就職に有利でしょう。

1-3-3.販売所

指定数量以上の危険物を販売している場所でも、危険物取扱者の選任が必要です。ちなみに、ガソリンスタンドでも危険物を販売していますが、販売所とは消防法で「危険物を専用の容器に入れたまま販売している場所」と定められているため、ガソリンスタンドは販売所ではありません。販売所には塗料や有機溶剤を販売している業者などがあります。

1-3-4.タンクローリーの運転手

危険物を運ぶタンクローリーは消防法では移動タンク貯蔵所に分類されており、運転をするには危険物取扱者の同乗が必要です。大抵の場合、危険物取扱者の資格を持った方が運転手をしています。そのため、タンクローリーを所有している運送会社でも、有資格者の需要が高いのです。

1-3-5.ビルメン(ビルメンテナンス業務)業界

危険物取扱者の資格を取得していると、ビルメン業界に就職するときに有利といわれています。特に、ボイラー設備があるビルでは、燃料として指定数量以上の危険物を保管しているため、有資格者を優遇しているのです。

1-4.危険物取扱者の仕事

危険物取扱者の仕事は、

  • 危険物の取り扱い
  • 危険物貯蔵所の点検や整備(専門業者が点検・整備した後の確認も含む)
  • 消防設備士と協力し、消防設備の点検や整備を行う
  • 消防署への各種書類提出
  • 危険物の貯蔵所や取り扱いの機材を点検した結果の記録
  • 周辺住民との連絡
  • 危険物についての教育
  • 無資格者が危険物を取り扱う場合の監督

などを行います。職場によっては独自の仕事もあるでしょう。

1-5.危険物取扱者の資格を取得する方法

危険物取扱者の資格は、消防試験研究センターが主催する試験を受け、合格する必要があります。甲種は、大学で化学に関する単位を一定数取得することなど受験資格が必要ですので、センターのホームページを確認してください。乙種・丙種に受験資格は定められていません。誰でも受験することが可能です。

試験は、ほぼ毎月行われていますので、比較的チャレンジしやすいといえます。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?