危険物取扱者甲種を取得したい方必見! 過去問の活用方法は!?

危険物取扱者とは、消防法で指定されている危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことのできる資格です。甲種・乙種・丙種の3種類があり、甲種を取得すればすべての危険物の取り扱いと保安監督業務を行えます。受験資格があるため、乙種や丙種に比べると受験者数は少ないのですが、取得すれば就職や転職に大いに役立つことでしょう。

今回は、危険物取扱者の試験勉強で過去問を活用する方法について紹介します。

  1. 危険物取扱者甲種に関する基礎知識
  2. 危険物取扱者の試験日程や内容について
  3. 危険物取扱者甲種の試験勉強について
  4. 危険物取扱者甲種に対するよくある質問

この記事を読めば、試験に合格するコツなどもつかめることでしょう。危険物取扱者甲種の取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物取扱者甲種に関する基礎知識

はじめに、危険物取扱者甲種とはどのような資格かということを解説します。乙種や丙種との違いはなんでしょうか?

1-1.危険物って何?

危険物とは、火災を起こしやすい物質として、消防法により取り扱い方や貯蔵法が規制されている物質の総称です。私たちの身近にある物質としては、ガソリンや軽油・灯油などが上げられます。危険物にはそれぞれ指定数量が定められており、指定数量を超えた危険物を貯蔵したり取り扱ったりする場合は、危険物取扱者の資格が必要です。

1-2.危険物取扱者とはどのような資格?

危険物取扱者とは、前述したように、指定数量を超えた危険物を貯蔵する場合の管理業務や、取扱業務、保安監督業務などを行うことのできる資格です。甲種・乙種・丙種の3種類があり、最も有名なものは危険物乙種4類、通称乙4でしょう。この資格を取得すると、危険物第4類に指定されている引火性液体の取り扱いや保安監督業務を行うことができます。

甲種を取得すると、前述したように消防法で定められたすべての危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことが可能です。取得者数がほかの種に比べると少ない分、有資格者は重宝されるでしょう。転職や就職にも役立ちます。

1-3.甲種とほかの種の違いについて

危険物取扱者の乙種・丙種は受験資格が定められていません。性別や学歴・国籍問わず誰でも受験することができます。しかし、甲種は受験資格があり、以下のような条件を満たしていないと試験を受けられません。

  • 大学や短大・専門学校などで化学に関する学科を修め、卒業した
  • 大学などで化学に関する単位を15以上取得した
  • 危険物取扱者乙種を取得し、2年以上の実務経験がある(取得した種は問わない)
  • 危険物乙種の単位を4種類以上取得している(実務経験は問わない)
  • 化学に関する修士・博士の学位を取得している

これ以上の詳しいことは、試験を主催している消防試験研究センターのホームページを確認してください。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?