危険物取扱者甲種を取得したい方必見! 過去問の活用方法は!?

危険物取扱者とは、消防法で指定されている危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことのできる資格です。甲種・乙種・丙種の3種類があり、甲種を取得すればすべての危険物の取り扱いと保安監督業務を行えます。受験資格があるため、乙種や丙種に比べると受験者数は少ないのですが、取得すれば就職や転職に大いに役立つことでしょう。

今回は、危険物取扱者の試験勉強で過去問を活用する方法について紹介します。

  1. 危険物取扱者甲種に関する基礎知識
  2. 危険物取扱者の試験日程や内容について
  3. 危険物取扱者甲種の試験勉強について
  4. 危険物取扱者甲種に対するよくある質問

この記事を読めば、試験に合格するコツなどもつかめることでしょう。危険物取扱者甲種の取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物取扱者甲種に関する基礎知識

はじめに、危険物取扱者甲種とはどのような資格かということを解説します。乙種や丙種との違いはなんでしょうか?

1-1.危険物って何?

危険物とは、火災を起こしやすい物質として、消防法により取り扱い方や貯蔵法が規制されている物質の総称です。私たちの身近にある物質としては、ガソリンや軽油・灯油などが上げられます。危険物にはそれぞれ指定数量が定められており、指定数量を超えた危険物を貯蔵したり取り扱ったりする場合は、危険物取扱者の資格が必要です。

1-2.危険物取扱者とはどのような資格?

危険物取扱者とは、前述したように、指定数量を超えた危険物を貯蔵する場合の管理業務や、取扱業務、保安監督業務などを行うことのできる資格です。甲種・乙種・丙種の3種類があり、最も有名なものは危険物乙種4類、通称乙4でしょう。この資格を取得すると、危険物第4類に指定されている引火性液体の取り扱いや保安監督業務を行うことができます。

甲種を取得すると、前述したように消防法で定められたすべての危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことが可能です。取得者数がほかの種に比べると少ない分、有資格者は重宝されるでしょう。転職や就職にも役立ちます。

1-3.甲種とほかの種の違いについて

危険物取扱者の乙種・丙種は受験資格が定められていません。性別や学歴・国籍問わず誰でも受験することができます。しかし、甲種は受験資格があり、以下のような条件を満たしていないと試験を受けられません。

  • 大学や短大・専門学校などで化学に関する学科を修め、卒業した
  • 大学などで化学に関する単位を15以上取得した
  • 危険物取扱者乙種を取得し、2年以上の実務経験がある(取得した種は問わない)
  • 危険物乙種の単位を4種類以上取得している(実務経験は問わない)
  • 化学に関する修士・博士の学位を取得している

これ以上の詳しいことは、試験を主催している消防試験研究センターのホームページを確認してください。

2.危険物取扱者の試験日程や内容について

危険物取扱者の試験は、消防試験研究センターが主催しています。試験日程は協会のホームページに記載されているので確認しましょう。試験日程は県ごとに異なり、東京のような大都市ではほぼ毎月行われています。他府県で試験を受けても構いません。
試験は、すべての種で同じ日に行われます。申し込みは電子申請が便利です。

甲種の試験内容は、

  • 危険物に関する法令
  • 物理および化学
  • 危険物の性質並びにその火災予防および消火の方法

の三科目の択一式問題となっています。

3.危険物取扱者甲種の試験勉強について

この項では、危険物取扱者甲種の過去問活用法や試験勉強のコツなどを紹介します。ぜひ参考にしてください。

3-1.危険物取扱者甲種の試験と、乙種・丙種の試験の違い

危険物取扱者甲種の試験は、危険物に指定されているすべての物質についての問題がでる可能性があります。ですから、乙種・丙種に比べると勉強しなければならない範囲が、格段に広いのです。また、化学および物理は、高校レベルの問題が出題されます。こちらも乙種や丙種に比べると難しく、文系の科目を選択してきた方の場合は、試験に合格するレベルの知識が身につくまで時間がかかるでしょう。

また、甲種の試験は、特定の資格を取得していても、試験の一部が免除になることはありません。乙種を複数取得している方でも、試験をすべて受ける必要があります。

なお、危険物取扱者甲種の合格率は32%前後です。受験生10人のうち3人しか合格できないということなので、しっかりと勉強をしてのぞみましょう。

3-2.危険物取扱者試験の過去問について

危険物取扱者試験は、都道府県によって試験日がすべて違います。そのため、危険物取扱者の問題は試験会場で回収され、持ち出しは禁止です。一定期間が経過したら、消防試験研究センターのホームページ上で一部が公開されます。書店やインターネットショップでは、甲種の問題集が複数販売されていますが、これらは公開されている過去問題と模擬問題を併せた問題集です。
過去問題がすべて掲載された過去問題集はありません。

3-3.ネット上で公開されている過去問について

危険物取扱者の過去問題を、インターネット上で私的に公開しているサイトもあります。この中には、危険物取扱者の試験を受けた方が、自分の記憶を頼りに過去問をアップしているものもあり、正確さに欠けるものもあるでしょう。模擬問題代わりに利用しても構いませんが、それだけでは不十分です。問題集を購入し、それと併せて使いましょう。

3-4.参考書との使い方と過去問の活用方法

危険物取扱者甲種の問題集の中には、弘文社から刊行されている「わかりやすい、甲種危険物取扱者試験」のように参考書とセットになっているものもあります。危険物取扱者乙種を取得してすぐに試験にチャレンジする場合や、大学などで化学を専攻している方なら、これでも十分という方も多いでしょう。
しかし、危険物取扱者乙種を取得してから実務経験を積んで甲種にチャレンジする場合などは、物理や化学が難しくてよく分からないという方もいるかもしれません。そのような方は、物理と化学だけに特化した参考書も販売されていますので、利用してみましょう。

勉強の仕方としては、参考書を読んで理解できたと思ったら問題を解いてみてください。本当に理解ができているのなら、問題が解けるはずです。また、最初に問題を解いて自分の理解不足な箇所を見つけ、そこを重点的に勉強する方法もあります。何度もくり返し過去問を解いていけば、試験本番でも落ち着いて問題を解くことができるでしょう。

3-5.準備講習や通信教材を利用してみる

全国危険物安全協会では、危険物取扱者の準備講習を行っています。講習は1日で修了するので、独学の総仕上げとして利用してもよいでしょう。協会では参考書も販売しているので、書店に売っている参考書や問題集は合わないという方は利用してみるのもおすすめです。準備講習では講師が講義を行ってくれるので、分からないところがあったらどんどん質問しましょう。

「準備講習を受けたいけれど日程が合わない」という方は、通信教材を利用するのもおすすめです。SATの教材はブック式の参考書のほか、専門の講師が行った講義を収録したDVDやeラーニングが付いてきます。まるで準備講習を受けているような気持ちで勉強ができることでしょう。

4.危険物取扱者甲種に対するよくある質問

Q.危険物取扱者の試験勉強は参考書を読むだけでは不十分でしょうか?
A.模擬問題や公開されている過去問題を解くことで、試験慣れもします。必ず問題集を購入して解いておきましょう。

Q.危険物取扱者甲種は、どれくらい勉強すれば取得できますか?
A.人によって異なりますが、化学や物理に関する知識が中学生レベルだった場合、化学や物理の勉強に1か月くらい時間を充てた方がよいでしょう。その後、1か月程度かけて危険物や法令の知識を身につけていきます。乙種のように1か月の勉強で試験を突破するのは難しいでしょう。

Q.危険物取扱者甲種は、どのような場所で活躍できますか?
A.指定数量以上の危険物を取り扱っている場所すべてで需要があるでしょう。

Q.危険物取扱者甲種は、学生のうちに取得できますか?
A.受験資格を満たせば大丈夫です。

Q.危険物取扱者を取得したいのですが、勉強する時間があまり取れません。
A.通勤時間や昼休み時間なども、積極的に勉強時間として活用しましょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は危険物取扱者甲種の試験対策についていろいろと紹介しました。問題集はたくさんの種類が販売されていますので、中身を確認して自分に合ったものを購入しましょう。何度もくり返し解くことで、知識が身についていきます。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?