危険物第4類の一種、第1石油類とはどんな物質? 特徴や消化方法は?

第1石油類とは、危険物第4類に分類されている引火性液体の一種です。文字どおり石油を原料としており、引火点が低く火災の危険性が高いという特徴があります。危険物取扱者乙種4類を取得するために受験勉強に励んでいる方の中には、石油類は種類も多く、特徴などを覚えるのに苦労している方もいることでしょう。

そこで、今回は第1石油類の特徴などを解説します。

  1. 石油類って何?
  2. 第1石油類の特徴について
  3. 第1石油類の取り扱い・貯蔵に関する資格について
  4. 第1石油類に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の試験勉強のコツも分かることでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.石油類って何?

はじめに、石油類の定義や種類といった基礎知識を紹介します。どのような引火性液体なのでしょうか?

1-1.石油類の定義

石油類とは、未精製の原油を加熱分類することによって製造された物質の総称です。ガソリン・灯油・軽油・重油・石油ガスなど、私たちの生活になくてはならないものも、石油類に分類されています。
石油類は引火性や発火性が高いので、「引火性液体」として危険物第4類に指定されている物質です。種類がたくさんあるので、引火点によって第1~第4類に分類されています。

1-2.石油類の分類について

石油類は、以下のように分類されています。

  • 第1:引火点が1気圧の時に21度未満
  • 第2:引火点が1気圧の時に21度以上70度未満
  • 第3:引火点が1気圧の時に70度以上200度未満
  • 第4:引火点が1気圧の時に200度以上250度未満

1-3.危険物について

危険物とは、消防法によって指定されている火災を起こしやすい物質の総称です。物質自体が火災の原因になる「可燃性物質」と、酸素供給源となる「支燃物」があります。危険物はその特徴によって6種類に分類されており、石油類は第4類の引火性液体の一種です。
また、危険物にはそれぞれ指定数量が定められており、指定数量以上の危険物を貯蔵したり取り扱ったりする場合は、危険物取扱者の資格が必要になります。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?