危険物第4類の一種、動植物油類の特徴・消化方法・火災予防方法とは?

動植物油類とは、動植物から抽出した油の中で、1気圧の時の引火点が250度未満のものです。私たちが食用油として使っているものの中にも、動植物油類に分類されているものがあります。危険物では第4類に分類されており、指定数量以上を取り扱ったり貯蔵したりする場合は、危険物取扱者の資格が必要です。資格試験でも、動植物油類について出題されることもあるでしょう。

そこで、今回は動植物油脂類の特徴などについて解説します。

  1. 動植物油類とはどのような物質?
  2. 動植物油類の特徴や消化方法などについて
  3. 動植物油類を取り扱える資格について
  4. 動植物油脂類や危険物取扱者に対するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の資格を取得する方法なども分かることでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてください。

1.動植物油類とはどのような物質?

動植物油類とは、文字どおり動植物から取れた油のことであり、その中でも引火点が250度未満のものが危険物第4類に指定されています。食用油としておなじみのごま油やオリーブオイルも動植物油類の一種です。ご家庭に常備してある方も多いことでしょう。

動植物油類は引火点がかなり高く、油を熱し続けなければ引火することはありません。そのため、ほかの危険物に指定されている物質に比べると危険度は低いように思われます。しかし、動植物性油脂類には、自然発火をする危険性があるのです。天かすを大量に放置をしていたり、植物油を鍋に入れたまま放置をしていたら発火をした、という話を聞いたことがある方もいるでしょう。次の項で、自然発火を含めた動植物性油類の特徴を解説します。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?