危険物取扱者の試験で科目免除になる条件は? どのような資格が必要?

危険物取扱者とは、消防法で指定されている危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことのできる資格です。甲種・乙種・丙種の3種類があり、中でも乙種4類はガソリンや灯油といった私たちの身近にある危険物を取り扱うことができるため、人気があります。危険物取扱者の資格を取得するためには、試験を受けて合格する必要がありますが、取得している資格によっては、一部の科目が免除されるのです。

そこで、今回は危険物取扱者試験の科目免除について解説しましょう。

  1. 危険物取扱者の基礎知識
  2. 試験免除について
  3. 危険物取扱者合格のコツ
  4. 危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の資格を効率よく取得する方法も分かります。危険物取扱者の資格取得を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物取扱者の基礎知識

はじめに、危険物取扱者とは、どのような資格かということを解説します。取得するとどのような職務を行うことができるのでしょうか?

1-1.危険物取扱者の定義

危険物とは、消防法に指定されている火災を起こしやすい物質の総称です。前述したように、ガソリンや灯油なども危険物として指定されています。危険物には物質ごとに指定数量というものが定められており、指定数量を超えた量の危険物を取り扱ったり貯蔵したりする場合は、危険物取扱者の資格が必要です。
なお、自治体によっては独自の条例を定め、指定数量未満であっても一定量を超えた危険物の貯蔵・取り扱い施設には、有資格者の選任を求めているところもあります。

1-2.危険物取扱者の種類について

危険物には甲種・乙種・丙種の3種類があります。甲種は、すべての危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことが可能です。乙種は、1類~6類に分かれており、取得した類の危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことができます。丙種は、危険物第4類に指定されている引火性液体のうち、ガソリンや灯油など一部の物質の取り扱いが可能です。

危険物取扱者のうち、甲種だけはこちらの記事に記載されているような受験資格が必要になります。乙種・丙種に受験資格は定められていません。学歴・年齢・性別にかかわらず受験をすることができます。

1-3.危険物取扱者の資格取得方法

危険物取扱者の資格を取得するには、消防試験研究センターが主催する試験を受けて合格しなければなりません。試験は択一式の学科試験ですが、特定の資格を取得していると試験免除があります。これについては、次の項で詳しく説明しましょう。

1-4.取得するメリット

指定数量以上の危険物の取り扱いや貯蔵をしている場所は意外と多く、特に危険物第4類である引火性液体は燃料としての需要も高いため、貯蔵されている場所もたくさんあります。そのため、管理者として甲種や乙種4類の資格を取得している方の需要は特に高くなっているのです。また、乙種の場合は複数の類を取得しているほど仕事の幅が広がるため、転職や就職に有利となるでしょう。

また、ビルメン(ビルメンテナンス業務)のような仕事も有資格者を求めています。昇進や昇給ものぞめるでしょう。資格手当をつける職場もたくさんあります。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?