危険物施設における消火設備とは? 危険物取扱者が知るべきこと

危険物の取り扱いや貯蔵を行う場所は、必ず消火設備を整えておかなければなりません。危険物による火災や爆発が起きた際、消火設備が整っていれば被害を最小限に抑えることができます。消火設備をきちんと整えていなければ、その場で働く人たちの命を失う可能性もあるのです。基本的に、消火設備は取り扱う危険物の種類に合わせて整備する必要があります。きちんと消火設備を整えるためには、危険物施設に関する知識を持っておかなければなりません。そこで、本記事では、危険物施設や消火設備の基礎知識・危険物取扱者について説明します。

  1. 危険物施設について
  2. 消火設備について
  3. 危険物施設における消火設備について
  4. 危険物取扱者について
  5. 危険物施設や資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物施設の消火設備について知ることができます。危険物取扱者の資格取得を考えている方は、ぜひチェックしてください。

1.危険物施設について

危険物の取り扱いや貯蔵をしている場所は、危険物施設と呼ばれています。危険物施設の定義や種類・審査基準・危険物施設保安員について確認しておきましょう。

1-1.危険物施設とは

危険物施設の定義は、「消防法で指定された数量(指定数量)以上の危険物を貯蔵し、または取り扱う施設」です。危険物の取り扱いや貯蔵している場所は、工業地帯などにあると思っている方が多いでしょう。しかし、危険物の中には、ガソリンや灯油など生活に身近なものも含まれており、ガソリンスタンドなども危険物施設となります。危険物施設は、私たちの生活と近い場所に存在しているのです。よって、安全を徹底することが必要であり、細かい規定や管理者の選任などが決められています。

1-2.危険物施設の種類

危険物施設の種類は、製造所・貯蔵所・取扱所の3つに分けることができます。それぞれの特徴を、以下にまとめてみました。

1-2-1.製造所

危険物を製造する施設のことで、指定数量以上の危険物を取り扱う場合は、市町村長等の許可を取得しなければならない。

1-2-2.貯蔵所

危険物を貯蔵・取り扱う施設。屋内貯蔵所・屋外貯蔵所・屋内タンク貯蔵所・屋外タンク貯蔵所・地下タンク貯蔵所・簡易タンク貯蔵所・移動タンク貯蔵所(タンクローリー)の7種類がある

1-2-3.取扱所

危険物の取り扱いや販売を行う施設。給油取扱所(ガソリンスタンド)・販売取扱所・移送取扱所・一般取扱所(ボイラー室)の3種類がある

1-3.審査基準について

危険物施設は、安全が確保された場所でなければなりません。構造・設備・配管において、細かい基準が定められています。大まかな審査基準について、以下にまとめました。

<構造の基準>

  • 天井や壁は燃えない素材を使用する
  • 保管容器は一定の厚みを持った金属
  • 屋外設置のタンクは、さび止めを塗る

<設備の基準>

  • 爆発・発火を防ぐもの
  • 避雷針や防油堤をつくる
  • 排気口を備える

<配管の基準>

  • 通常の1.5倍の圧力をかけても壊れない
  • 風圧・水圧・地盤沈下・温度変化にも耐えられるもの
  • 配管の配合部分から漏えいしないもの

1-4.危険物施設保安員について

危険物施設の定期点検・臨時点検・安全装置などの保安確認を行う人のことを、危険物施設保安員と言います。特別な資格がなくてもできる仕事ですが、危険物施設保安員の監督者である危険物保安監督者は、危険物取扱者の資格が必要です。また、危険物施設保安員は、危険物移送取扱所において、必ず専任しなければなりません。移送取扱所以外の危険物施設においては、指定数量の倍数が100以上の場合に必要です。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?