自衛消防組織って何?役割・編成・設置や講習などを詳しく解説!

危険物を取り扱う企業では、火災などの事故が怖いものです。特に、ガソリンなどの引火性液体は、取り扱いを間違えると大事故につながってしまいます。そのため、万が一のときの対策として、事業所内に自衛消防組織を編成しているのです。しかし、どんな活動をしているのか、よくわからない人もいることでしょう。そこで、今回は、自衛消防組織について詳しく解説します。

  1. 自衛消防組織とは自衛消防組織の概要を学ぼう
  2. 自衛消防組織の編成について
  3. 自衛消防組織の設置と届け出
  4. 自衛消防組織の講習について
  5. 自衛消防組織に関するよくある質問

この記事を読むことで、自衛消防組織について詳しい知識が身に付き、必要な資格取得に向けて準備を進めることができます。ぜひじっくり読んでみてください。

1.自衛消防組織とは

最初に、自衛消防組織についての基本を学びましょう。

1-1.自衛消防組織とはどんなものか

自衛消防組織とは、火災の予防・発生時の消化・再発の防止などの活動を行う組織です。自衛消防組織の設置は、危険物を取り扱う一定規模以上の事業所に義務づけられています。なお、構成員は事業所の従業員です。

1-2.自衛消防組織に関するそのほかのこと

自衛消防組織は、消防法第14条の4に基づいて編成します。また、関連して、「危険物の規制に関する政令」や「危険物の規制に関する規則」も併せて理解しておきましょう。法律で設置が義務づけられている事業所はもちろん、義務がない事業所にとっても、万が一のときのために自衛消防組織を編成・活動することは大きな意味があります。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?