危険物の違反処理とはどのようなもの? その種類や流れとは?

危険物とは、消防法によって指定されている火災を起こしやすい物質の総称です。ガソリンや灯油など、私たちの生活に欠かせないものの中にも、危険物に指定されているものはたくさんあります。危険物は消防法によって取り扱いや保管の方法が定められており、それに反すると違反処理の対象になるのです。違反処理はマニュアル化されたものがネットにも掲載されていますが、分かりにくいという方もいるでしょう。
そこで、今回は危険物の違反処理について解説します。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物の違反処理とは何か?
  3. 危険物の違反処理の流れや種類
  4. 違反処理に対するよくある質問

この記事を読めば、違反処理の内容や違反処理を行うまでの流れもわかるでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物の基礎知識

前述のとおり、危険物とは消防法に指定されている火災を起こしやすい物質の総称です。危険物の特徴ごとに1~6類に分類されており、物質ごとに指定数量が定められています。この指定数量を超えた危険物を保管したり取り扱ったりする場合は、危険物取扱者の資格保持者を選任したうえ、消防法に基づき、貯蔵所や取扱所などを設けなければなりません。また、移送や運搬にも規制がかかります。なお、自治体によっては危険物の保管や取り扱いにかんして独自の条例を設けているところもあるので、注意が必要です。自治体によっては、指定数量未満でも危険物取扱者の選任などが必要になります。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?