第二石油類の種類や関連する資格とは?~資格取得に必要な知識~

灯油や軽油などは非水溶性の第二石油類、酢酸やプロピオンなどは水溶性の第二石油類となります。第二石油類は常温では引火しませんが、乙種第4類危険物に該当するため、扱いや管理には十分に注意しなければなりません。扱い方や管理を誤れば、火災や爆発の危険があります。また、これらを扱うためには、関連資格の取得が必要です。本記事では、第二石油類の基礎知識や種類・関連する資格について説明します。

  1. 第二石油類の基礎知識
  2. 第二石油類の種類について
  3. 第二石油類に関連する資格について
  4. 第二石油類に関してよくある質問

この記事を読むことで、第二石油類について詳しく知ることができます。資格取得を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

1.第二石油類の基礎知識

第二石油類の取り扱いや保管をするためには、資格が必要です。資格取得の前に、まずは、第二石油類の基礎知識を身につけていきましょう。概要や消防法の規定、指定数量・性質、分類、非水溶性・水溶性について説明します。

1-1.第二石油類とは

第二石油類は、第4類危険物(乙4)に該当するもので、1気圧において引火点が21℃以上70℃未満の引火性液体のことです。有機化合物か、またはその混合物が含まれており、引火点が常温(20℃)より高いので常温では引火しません。
石油類は第一から第四類までありますが、第二類は第一石油類よりも危険性の低いものです。第一石油類とは、1気圧において引火点が21℃未満の引火性液体を指しています。ベンゼンやアセトン・トルエンなどが第一石油類です。
しかし、種類によっては、霧状にすると常温でも引火したり、ガソリンと混ぜると引火しやすくなるものもあります。そのため、各種類の特徴をきちんと把握した上で、適切な取り扱い・保存・保管が必要です。
また、第二石油類など危険物に関しては、消防法に基づいて取り扱いや保管が定められています。

1-2.指定数量・性質について

消防法第9条において、「危険物についてその危険性を勘案して政令で定める数量」と規定されています。指定数量以上の危険物を貯蔵し、取り扱う場合には、許可を受けた施設において政令で定める技術上の基準に従って行わなければなりません。第二石油類の指定数量は、非水溶性で1,000リットル、水溶性で2,000リットルとなっています。
また、第二石油類の基本性質は、1気圧において引火点が21℃以上70℃未満の引火性液体です。蒸気は空気よりも重いですが、種類によって性質が異なります。たとえば、水溶性の酢酸は、コンクリートを腐食させるほどの腐食性を持っているのです。

1-3.分類について

第二石油類の分類は、非水溶性と水溶性に分かれています。それぞれに含まれる種類を、以下にピックアップしてみました。

<非水溶性>

  • 灯油(ケロシン)
  • 軽油(ディーゼル油)
  • クロロベンゼン
  • キシレン
  • n-ブチルアルコール(1-ブタノール)
  • スチレン
  • テレピン油(テレビン油)

<水溶性>

  • 酢酸
  • プロピオン
  • アクリル酸

以上の種類の特徴に関しては、【2、第二石油類の種類について】で説明します。ぜひチェックしてくださいね。

1-4.非水溶性・水溶性について

第二石油類が分類されている第4類危険物は、引火性液体です。さらに、非水溶性と水溶性に分類されており、それぞれ特徴があります。非水溶性は、水溶性液体以外のもので、水と混合したときにふたつの層に分かれるもの・水に溶けないものです。水溶性液体は、水に溶けるもので、1気圧20℃で水と混合すると、層が分かれることなく均一になります。非水溶性と水溶性は性質が異なるため、取り扱いや保存法も違うのです。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?