消防法における非危険物とはどんな物質? 危険物との違いは何?

危険物とは、消防法によって取り扱い方や保管方法が規制されている物質の総称です。危険物に指定されるかどうかは、「危険物確認試験」という方法で、引火点の有無や爆発する危険性を確認し、判断されます。危険物確認試験を受けた結果、危険物に認定されなかった可燃物が、非危険物です。危険物取扱者の試験勉強をしていると、この言葉を目にする機会も多いでしょう。
そこで、今回は非危険物について解説します。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 非危険物とは何か
  3. 危険物取扱者の資格取得について
  4. 危険物・非危険物に対するよくある質問

この記事を読めば、危険物についての理解が深まること間違いなしです。危険物取扱者の資格取得を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物の基礎知識

はじめに、危険物とはどのようなものかということを解説します。なぜ、取り扱い方や保管方法に規制があるのでしょうか?

1-1.危険物の定義

危険物とは、前述のとおり消防法によって、取り扱い方や保管方法に規制がかけられている可燃物の総称です。私たちの身近にある物質では、灯油・ガソリン・軽油・植物油などが、危険物に指定されています。危険物は、保管方法や取り扱い方法が悪いと火災や爆発が起こりやすい物質であり、危険物確認試験によって認定されるのです。現在、危険物はその特徴により、

  1. 酸化性固体
  2. 可燃性固体
  3. 自然発火性物質および禁水性物質
  4. 引火性液体
  5. 自己反応性物質
  6. 酸化性液体

上記のような、6種類に分類されています。

1-2.消防法上における、危険物の取り扱い方

消防法とは、火災から人命や家財を守る目的で制定された法律です。そのため、火災の原因となりやすい危険物の取り扱い方なども、定められています。危険物にはそれぞれ指定数量が定められており、その指定数量を超えた危険物を取り扱ったり、保管したりするには、危険物取扱者の資格が必要です。危険物取扱者には、以下のような種類があります。

  • 甲種:すべての危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことができる
  • 乙種:1~6類に分かれており、取得した類の危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことができる
  • 丙種:危険物第4類に指定されている引火性液体のうち、ガソリンや灯油など一部の物質の取り扱いが可能。保安監督業務は行えない

なお、乙種と丙種は無資格未経験でも取得可能ですが、甲種だけは大学や短大で化学に関する単位を取得する、乙種を複数取得するなどの条件をクリアしていないと、受験ができません。

1-3.条例と危険物について

自治体によっては、独自の条例を設けて危険物の取り扱いや保管方法に規制を設けていることもあります。指定数量未満の危険物でも、取り扱いや保管に危険物取扱者の選任を求めていることもあるので、危険物を取り扱ったり保管したりする場合は、必ず自治体の条例を確認しましょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?