消防法における非危険物とはどんな物質? 危険物との違いは何?

危険物とは、消防法によって取り扱い方や保管方法が規制されている物質の総称です。危険物に指定されるかどうかは、「危険物確認試験」という方法で、引火点の有無や爆発する危険性を確認し、判断されます。危険物確認試験を受けた結果、危険物に認定されなかった可燃物が、非危険物です。危険物取扱者の試験勉強をしていると、この言葉を目にする機会も多いでしょう。
そこで、今回は非危険物について解説します。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 非危険物とは何か
  3. 危険物取扱者の資格取得について
  4. 危険物・非危険物に対するよくある質問

この記事を読めば、危険物についての理解が深まること間違いなしです。危険物取扱者の資格取得を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?